« 松田聖子・武道館コンサート | トップページ | Hacking”総合”guideにガリレオ登場 »

2004.06.26

玄箱をWebサーバとして使う

・LAN接続しているパソコンのWebブラウザのURLに玄箱のIPアドレスを入力して、設定画面を開く。
・共有フォルダ設定→新規共有フォルダ追加で、www という共有フォルダを作成する。
・LAN接続しているパソコンから、telnet で玄箱にログオンし、thttpd.conf を別のthttpd2.conf という名前でコピーする。
  cp /etc/thttpd.conf /etc/thttpd2.conf
・viエディタで以下の部分を変更する。
 vi thttpd2.conf
------------------------
dir=/mnt/www
logfile=/var/log/thttpd2.log
pidfile=/var/run/thttpd2.pid
port=8080
------------------------
・Webサーバを起動する。
 /usr/sbin/thttpd -C /etc/thttpd2.conf
・共有フォルダwww にホームページとして公開したいHTMLファイルを置く。
・cgiスクリプトとして認識されるのを防ぐため、実行権をなくす。
 chmod a-x /mnt/www/*.*
・ブロードバンドルータのポートフォワーディング設定で、TCP/80ポートを玄箱のIPアドレスの8080ポートに転送する。
以上で玄箱を外向けのWebサーバとして、稼働することができます。
 (DOS/Vmagazine2004-5.15参照)

|

« 松田聖子・武道館コンサート | トップページ | Hacking”総合”guideにガリレオ登場 »

コメント

こんにちははじめまして

玄人志向の「玄箱」でthttpdを勉強しています。

今回の記事は大変参考になりました。ありがとうございます。

ですが少し困ったことがあります。

上記thttpd.confの設定にオリジナルにありました
cgipat=/cgi-bin*/*
を追加してCGIを実行しようとしましたが
500 Internal Error
で実行できません。実行しようとしたCGIはApacheでも
IIS内のPerl5で動作していたものですが実行権も問題なしスクリプト内の記述にもこれという問題がみあたりません。

なにか環境に重大な設定ミスがあるのでしょうか
考えられる項目を箇条書きでもかまいませんので
ご返答いただけませんでしょうか。

なにせ UNIX系OSを触るは今回が初めてでWEB上で
勉強しながらの作業です。

こんな赤ん坊なわたしですがお教えいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿: 柳澤和明 | 2004.07.13 22:18

実のところ私自身それほど、Linuxに詳しいわけではないのです。まだ、見よう見まねの状態でして... さて、参考になるかどうか分かりませんが、

CGIスクリプトを使う場合は、わたしの例で言うと「www」フォルダの下に「cgi-bin」フォルダを作り、その中にCGIスクリプトを置きます。この場合、実行権をなくすのは、
chmod a-x /mnt/www/index.html だけでいいです。

あと、thttpd.conf については、修正箇所だけを抜き出したので、記載してない部分のオリジナルの記述はそのまま残しておきます。

やはり解決しないようでしたら、玄人志向に玄箱の掲示板がありますので、そちらで相談してみてはどうでしょうか?
http://www.kuroutoshikou.com/cgi-bin/newbbs/help_linux/show.cgi

それでは、ご幸運を祈ります。

投稿: muran | 2004.07.14 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/847766

この記事へのトラックバック一覧です: 玄箱をWebサーバとして使う:

» 玄箱について [ゲバゲバ大行進]
今日も体調が悪い・・・けどお仕事ネ。 で、仕事の合間に玄箱を導入した回顧録でも書... [続きを読む]

受信: 2004.09.07 17:38

« 松田聖子・武道館コンサート | トップページ | Hacking”総合”guideにガリレオ登場 »