« 玄箱をプリントサーバとして使う | トップページ | Movie Tank続報 »

2004.07.17

欲しいぞ、Movie Tank

アイ・オー・データ機器のPCパーツブランド「挑戦者」からMPEG-4プレーヤー自作キットが発売されます。(7月末出荷予定)

Movie Tank(ムービータンク)」は、ハードディスクに録りためたさまざまな映像・画像・音声コンテンツを、パソコンを起動することなく、大画面テレビで楽しむことができるハードディスクメディアプレイヤーです。
SIGMA DESIGNS製、ハードウェアデコードチップ(EM8501)搭載。MPEG-1/2/4(AVI)の動画をはじめ、JPEG、MP3など多彩なフォーマットに対応!
【主な仕様】
対応フォーマット MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4(AVI)、MP3、JPEG
映像端子 コンポジット、Sビデオ、コンポーネント
音声端子 アナログステレオ2系統
USB 1.1/2.0

 あれ、なんで音声フォーマットは、WMA をサポートしていないんだろう?EM8501チップ単体では対応しているはずなのに...。マジですか?挑戦者さん。
 拙者、音楽データはすべてWMAで保存しているものですからっ、 残念!!

関連記事:アイ・オー、挑戦者ブランドのMPEG-4プレーヤー自作キット「MovieTank」
-自作PC向けブランド“挑戦者”を本格展開へ

|

« 玄箱をプリントサーバとして使う | トップページ | Movie Tank続報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/992553

この記事へのトラックバック一覧です: 欲しいぞ、Movie Tank:

« 玄箱をプリントサーバとして使う | トップページ | Movie Tank続報 »