« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.30

HDD環境の最適化を実施

自宅のパソコンのHDD容量が足りなくなってきたのでハードディスクの交換をしました。
 DELLデスクトップPCの内蔵HDD(40GB)と玄箱(LAN接続HDD)に入れてあるHDD(160GB)の交換。
 ・玄箱のHDDのバックアップデータファイルをとっておく。
 ・DELLのHDD(40GB)から玄箱のHDD(160GB)にデータコピーする。これdo台(KD25/35FUL)を使用。
 ・DELLに160GBを取り付け、空き容量(111GB)でパーティションを作成。
 ・玄箱に40GBを取り付け、セットアップとデータリストアを行う。
ついでに、ムービータンクのHDD(160GB)のファイルシステムを FAT32からNTFSに変更。
・データを別のHDDにコピー後、NTFSでフォーマットし、データを元に戻す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サン電子「BiBio JukeBox」の基本仕様と発売予定日変更

サン電子(株)は2004年11月16日に発表したNetwork Music HDD Recorder 「BiBio JukeBox」(ビビオ・ジュークボックス)の基本仕様の変更と発売予定日を延期(3月発売)すると発表した。
仕様の変更点は、
 ・HDD容量増加 40GB (変更前 20GB)
 ・S/N比向上    90dB (変更前 80dB)
 ・MP3ファイルのUSB機器への移動が可能になる。
BroadBand Watchによると、「店頭販売価格の見込みは45,000円前後で変更はない 」らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.25

【Galileo】バージョンアップ修正版

パーソナルサーバーGalileo(ガリレオ)のバージョンアップ情報が掲載されました。
以下 サイトより
 ■ 内容:当バージョンアップでは、以下の動作変更を致します。
 (動作変更)
 ・ 2004年12月13日にご提供しましたバージョン「1.0-400101」で発生した下記不具合を修正いたしました。
 【症状】本機を待機状態(ルーターモード:電源LED 橙) にした場合、約5時間後に電源LEDが緑になり、音声が出力 されてしまうことがある。

ふ~、やっとこれでGalileoを待機状態にしたまま眠ることができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.23

ケンウッドCD/MDレシーバ「R-K700」

 昨年12月にケンウッドから発売されたCD/MDコンポ「K series」のR-K700を導入しました。基本的な音質の良さは、オーディオ専門誌などでも評価されていますが、画期的な特長は、自動音場補正機能を搭載している点です。補正の内容は、左右のディレイタイム、左右チャンネルの音圧レベルに加え、接続したスピーカーの周波数特性も検出し、室内環境に合った特性に補正するというものです。
 使用しているスピーカーは、リニアムA1です。自動音場補正の効果は絶大で、補正前は、スピーカーのウーファーが約13cmと小型なので低音が物足りなかったのですが、補正後は明らかに中低域音が豊かになりました。また、このスピーカーの特長であるリニアム・ドライヴァーとの相乗効果でさらに音場が拡がり、ヴォーカルや各楽器に奥行きがでて音に深みが加わりました。
 コストパフォーマンスも高く(量販店で35,000円でした)、充分に満足しています。
(参考)AV Watch:「ケンウッド、自動音場補正付きCD/MDコンポの試聴会を開催

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.16

メディアサーバー用ソフトwizd のガリレオ版

Hacking"総合"guide に wizd 12f のガリレオ版が公開されました。wizd は、バッファロー、アイオーデータやバーテックスリンクなどから発売されているネットワークメディアプレーヤーでパソコンのHDD内のビデオやオーディオファイルを再生するためのサーバーソフトです。つまり、wizd をgalileo にインストールすれば、別の部屋に設置してあるネットワークメディアプレーヤーからガリレオ内の録画データを視聴できるようになります。メディアプレーヤーの価格も安くなってきたので、新しい使い方が拡がりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.15

アイ・オー、DVDドライブを省いたLinkPlayer

 アイ・オー・データ機器は、ネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer」シリーズの新モデルとして、DVDプレーヤー部を省いたユニット「AVLP2/G」を1月末に発売する。価格は27,720円。
 MPEG-1/2、DivX、XviDに加え、WMV9の再生もサポート。WMV9の解像度は720p(D4)までサポートし、DivXについてはDivX Networksの認証取得予定としている。
 音声ファイルはWMA/MP3/AAC/PCM/OggVorbisに対応。静止画はJPEG/BMP/PNG/GIFの表示も可能となっている。
 無線LAN機能も内蔵しており、IEEE 802.11b/gに対応。USBホスト機能も搭載し、USB 2.0ポートに接続したUSB HDDやUSBメモリに記録したメディアの再生もサポートしている。(AV Watch
 実は今一番欲しいのがこのタイプです。DVDプレーヤーなし、無線LAN接続でき、LANやUSB接続のHDDユニットのファイルを再生できるネットワークメディアプレーヤー。もう少し競合機種があると楽しめるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »