« HDD環境の最適化を実施 | トップページ | リンクス、低コストでNASを作れるHDDケース »

2005.02.03

DV-HRD2のリムーバブル化

IMG_2354 昨年の秋に購入したDVDレコーダーDV-HRD2の内蔵HDD(160GB)が録画データで満タンになりそうになったので、リムーバブルHDDケースを外付けにして、増設HDDの入れ替えができるようにしました。
 レコーダーの上に乗っている左側がリムーバブルHDDケース(160GB)で、右側が増設用のHDDカートリッジ(160GB)です。カートリッジを増設して交換することで、録画時間の制限がなくなりました。また録画データをカートリッジ単位で管理することも可能になります。
【注意】この記事を読んで行なった行為(分解など)によって、生じた損害は管理者およびメーカー、リンク先サイトもその責を負いません。あくまでも、自己責任になります。故障の場合はメーカー保証の対象になりません。くれぐれも関係者に迷惑のかからないようにお願いします。

IMG_2350 リムーバブル化の手順は、
1.筐体を開けてHDDを取り出し、ケーブルを延長して外部に引き出し、リムーバブルケースを接続する。
2.増設用HDDに元のHDDのデータをコピーして、カートリッジにセットして、リムーバブルケースに収納。
  データコピーには、これdo台(KD25/35FUL)を使用。
3.サービスモードでHDDのID登録をして、再起動。
 以上で、使用可能になるので、録画データを全て削除します。これで、160GB分新たに録画できます。
 今回の作業においては、「DV-HRD2 リムーバブル化ガチャポン計画」の写真付きの解説がとても参考になりました。この場をかりてお礼申し上げます。
 ただし最初250GBのHDDで試したところ、ID登録により160GB分の認識までできたのですが、HDDの初期化でフリーズしてしまいました(リセットボタン+システム初期化で復帰)。ディスクのコピーからやり直しましたが、やはり同じところではまってしまうので160GBに変えました。
 ちなみに改造費用は、13,156円です。内訳は、160GB HDD(日立HDS722516VLAT20)=8,170円、リムーバブルケース+カートリッジ×2(オウルテックOWL-AF80IP/FC)=3,970円、IDE HDD用ケーブル類=1,016円。

|

« HDD環境の最適化を実施 | トップページ | リンクス、低コストでNASを作れるHDDケース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/2796695

この記事へのトラックバック一覧です: DV-HRD2のリムーバブル化:

« HDD環境の最適化を実施 | トップページ | リンクス、低コストでNASを作れるHDDケース »