« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.29

シャープ、フルHDモデルなど新「AQUOS」Bシリーズ

シャープは、液晶テレビ「AQUOS」の新製品として「Bシリーズ」10製品を3月1日より順次発売する。

サイズは45/37/32/26の4タイプで、それぞれにサイドスピーカーモデルとアンダースピーカーモデルが用意される。また、45型と37型については1,920×1,080ドットのフルHDモデルも用意。今回追加された4モデルと、既発売の「AQUOS Gシリーズ」65/57/45/37型とあわせて合計8モデルのフルHD AQUOSをラインナップする。

コントラスト比1,200:1、視野角176度、応答速度6msの新「ブラックASV液晶パネル」を搭載。HDMIやDVI入力、i.LINK端子を装備。また、37V型と45V型ではデジタルWチューナ構成としている。 (AV Watch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビクター、デジタルチューナ搭載のHDD/DVDレコーダ

日本ビクターは、地上/BS/110度CSデジタルチューナを搭載したHDDとDVDのハイブリッドレコーダ2機種を2月上旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は400GB HDDの「DR-HD400」が17万円前後、250GBの「DR-HD250」が15万円前後の見込み。 (AV Watch

リモコンの形状や電子番組表のデザインがシャープのDV-ARW/ARシリーズと同じなので、OEMらしいです。 (ビクターは松下系列なのに? 謎です。)
電源OFFから1秒で録画でき、DV/HDVカムからの入力もサポートしているので、
シャープ/DV-ARWシリーズから地デジの裏録機能を外して、操作のアドバイスを画面に表示する「お助けガイド」を追加したような製品のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.13

JEITA、「コピーワンス見直し」について提案内容を説明

社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は11日、地上デジタル放送のコピーワンス運用の見直しについて、同協会による修正案の説明会を開催した。

全ての送出信号に暗号化処理を施して、EPN対応の機器でのみ再生可能となるというもの。対応機器であればDVDなどへのダビングは自由で、コピーの回数制限は無くなる。ただし、コンテンツがあらかじめ暗号化されているため、再生には対応機器が必須となる。

具体的なスケジュールについては「今後の協議次第。対案も出ているので協議を続けて早期に決めたい」とした。なお、今回の提案は地上デジタルに限定される。「BSデジタルは有料放送があり、同じ考え方で同じ運用という訳にはいかない。まずは基幹放送の地上デジタルからというのが基本方針」と説明した。

なお、現行のデジタル放送対応機器でのEPN対応については、「運用ルールは現行の規定のままなので、今ある製品での対応は各社の作り込み次第。そのため、EPN対応できなかったり、ソフトのアップデートで対応できるなど、メーカーによって異なるだろう」とのこと。
AV Watch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

3連休にやったこと。

SR400の
ヘッドライトの位置を上げた。
バックミラーを取り替えた。
そして役に立ちそうもないフックを取り付けた。

CDを5枚買う。
BRAND X/LIVESTOCK
HELDON/INTERFACE
INDIAN SUMMER/同左
MIKE OLDFIELD/CRISES
PFM/JET LAG

6種の薬草風呂に入る。
トウガラシ
ヨモギ
ドクダミ
それから...忘れた。

続きを読む "3連休にやったこと。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

PFM来日コンサートに行けます。

PFMの来日コンサートのチケット抽選予約の申し込みをしていて、当選の知らせが届いていたのでほっとしました。
5月13日(土)の公演に行きます、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プログレッシヴ・ロックをもういちど

harvest3モノ・マガジン特別編集「ハーヴェスト」シリーズの最新刊です。
ほとんどがプログレ関連の記事で構成されたこの雑誌、なかなか内容が充実しています。
メイン特集はいわゆる5大バンドの概要と70年代のアルバムの解説ですが、よく知っている人が読んでも面白いです。
そのほか、イギリス以外のユーロロックのアルバム30枚のガイド、ケンソーの清水氏の「プログレ名リフ塾」の記事とか、プログレに思い入れのある人たちのそれぞれの持論が書かれています。
読者のターゲットは70年代からプログレを聴いていたオトナ向けといった感じですが、最近聴き始めた若い人がこれからどのCDを買えばいいのか参考になります。
僕も、まだ少ししか読んでいないのでプログレを聴きながら、ゆったりとした時を過ごそうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »