« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.22

W-ZERO3アップデート公開中

W-ZERO3サポート/Q&Aで最新バージョン:1.03aのアップデートソフトが公開されています。

(「1.02」→「1.03a」のアップデート内容)
・ライトメールの受信が遅れる場合がありましたが、これを改善しました。
・自動ガイダンスが流れるフリーダイヤルへ電話をかけた時、発信中にダイヤルキー操作ができるようになります。
・「FC」や「PT」アイコンが表示され、動作が不安定になる場合がありましたがこれを改善しました。
・電源オフやオートパワーオフ中にminiSDカードを取り外し/装着した時、ファイル情報が更新されるようになります。
・Javaプラットフォームがバージョンアップされます。
・その他、動作の安定性が向上します。

とのことです。一番下にさりげなく書いてある「動作の安定性が向上」に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.18

「W-ZERO3」ついに入手!

発売開始からしばらく品薄状態が続いていたウィルコムの「W-ZERO3」をやっと申し込むことができ、2月9日から使用しています。通常の電話機としては、今までのNTTドコモのリストモと比較にならないほど巨大なので、持ち運びにはカバンに入れるかストラップで首から下げて胸ポケットに入れなくてはなりません。本体は液晶画面保護用のソフトケースに入れているので、着信のとき取り出すのにとても時間がかかります。大きいことで通話がしにくいことは特にありません。ただし液晶画面に顔の油が付くし、ピアノ塗装風の外装にも指紋が付着しやすいので、メガネ拭き用クロスを一緒に持ち歩いています。

カスタマイズは、超小型ケータイ通信モジュール"W-SIM"搭載!「W-ZERO3」の神髄/デジタルARENAの記事を参考にいくつかアプリケーションソフトをインストールしてみました。
今のところ入れてみて良かったソフトは、
・WEBブラウザ「Opera
・ランチャー「Today画面にランチャー(tdLaunch) for Pocket PC 2003 SE
・ファイル操作「GSFinder+ for HTC Universal
です。
まだまだやりたいことはあるのですが、なかなか時間が取れないので少しずつカスタマイズしていこうと思っています。あとデジカメ機能は便利です。前の記事の仮面ライダー関係の写真はW-ZERO3で撮りました。
シャッター音はうざいので鳴らないようにしました。EBINAVIさんのサイトの通りにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.14

仮面ライダーに出くわす。

img008

img010

通勤途中に、仮面ライダーのバイク発見。
かたわらには、ワームの抜け殻。
襲われないように気を付けて、会社に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.05

スプロケカバーを換えてみる。

ライコランド千葉店を徘徊していたら、妙なものがあったので、つい買ってしまった。
チャックボックスのフロントスプロケットカバーです。
IMG_2866IMG_2868なんか大事な部分だけを隠す大胆ビキニみたいです。ちょっと恥ずかしいです。
カバー左上の金色のクラッチ調整用ネジ?が剥き出しで汚れやすくなってしまったのが心配。
これって改悪?カッコ良くするために薄着して風邪引いたみたいなことにならなければいいのですが。

続きを読む "スプロケカバーを換えてみる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.02

シャープ、地デジチューナ内蔵の3 in 1レコーダ

 シャープは、「AQUOS ハイビジョンレコーダ」シリーズの新モデルとして、地上/BS/110度CSデジタルチューナを内蔵し、250GB HDDとVHSビデオデッキ、DVDドライブを搭載した3 in 1レコーダ「DV-ARV22」を3月15日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15万円前後の見込み。月産台数は15,000台。
 VHSビデオデッキ、HDD、DVDを一体化したレコーダ。HDMI出力端子も備えている。地上/BS/110度CSデジタルチューナと、アナログチューナも各1基搭載しながら、厚さ95mmの薄型筐体を実現。同社は「デジタルチューナ内蔵 3 in 1レコーダとして、世界最薄」としている。HDD容量は250GB。 (AV Watch
 VHSビデオには録画予約できないところが理解に苦しみます。ダビングが主な用途と考えるべきなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »