« 7チューナ搭載の強力マシン、シャープ「DV-ARW25」 | トップページ | 強いぜ千葉ロッテ! »

2006.06.10

【SR400】キャブのセッティング(パイロット系)

Img153 キャブレターをヨシムラTMR-MJNに交換してみましたが、なーんにもいじってないので、ちっとは調整したほうが良いのかと思って今日のところは、パイロット系だけセッティングしました。
 マニュアルの通り、アイドリングを2,000回転にして、パイロットスクリュを少し締めると回転数が上がったので、やはり濃かったのかと納得。そのまま締め込んでいくと今度は急に回転が落ち込んでしまいますので、また戻す。アイドリングを1,500回転に設定して、再度パイロットスクリューを調整するのですが、最も回転数が上昇する位置っていうのが分からない。回転数のピークがないんだよう。
 とりあえず、急激に回転が落ち込む手前で少し(1/4回転)戻したところに設定。ここで一旦スパークプラグを外して、黒く付着したススをブラシできれいにしました。
 これで実走行したところ、アイドリングからの急発進でノッキングを起こしてエンスト、明らかに薄いや。今度はパイロットスクリューを戻しながら空ぶかしでエンジンの回転がスムースに立ち上がるように調整しました。これもどこまで濃くしたら最適なのかが分かりにくいのですが適当なところで終了。
 これで停止状態からの急発進でも問題なく加速していくようになり、まずまずの仕上がりになりました。
 しばらくの間、これで走ってみて中速域のセッティングに入りたいと思います。
 あっ、写真のネコはセッティングしていたときにそばで見守ってくれていました。

|

« 7チューナ搭載の強力マシン、シャープ「DV-ARW25」 | トップページ | 強いぜ千葉ロッテ! »

コメント

> 最も回転数が上昇する位置っていうのが分からない。

純正キャブは割と分かりやすかったです。
でも、FCRは分かりにくいっす…

スロー系だと、FCRで言うエアースクリューもいじってみると面白いですよ。
パイロットスクリューの守備範囲はアイドル近辺のみなんだけど、エアスクリュー(TMRだとなんて言うのかしら)はアクセルをもうちょっと開けた所(1/4くらい)までが守備範囲です。
僕は、スロー系で煮詰まって、なんとなくエアスクリューをいじったら即解決、って経験があります。

投稿: ひろし@764GT | 2006.06.10 20:24

ひろしくん、まいどです。
 TMRのマニュアルを見たところ、エアースクリューが無いみたいです。空気量の調整はパイロットエアジェットの番数で設定するので簡単に変更という訳にはいかないようです。
 PSの調整でエンジンの立ち上がりフィーリングを自分の許容範囲で調整していくようにします。キャブのセッティングって結構、奥が深いです(^_^;)

投稿: muran | 2006.06.11 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/10467545

この記事へのトラックバック一覧です: 【SR400】キャブのセッティング(パイロット系):

« 7チューナ搭載の強力マシン、シャープ「DV-ARW25」 | トップページ | 強いぜ千葉ロッテ! »