« フラッシュメモリ内蔵の“新時代ラジカセ” | トップページ | W-ZERO3(WS003SH)本体アプリのバージョンアップ公開 »

2006.07.05

ウィルコム、「W-ZERO3[es]」を発表!

Top_esMain_img_03_1
 ウィルコムは、ストレート型の携帯電話風デザインで、スライドさせるとキーボードが現われてPDAライクに利用できるW-SIM対応端末「W-ZERO3[es](ダブリューゼロスリー エス)」を27日に発売する。7月14日より予約受付が開始される予定で、ウィルコムストアでの価格は年間契約ありで新規29,800円、年間契約なしで新規33,800円。
 今回発表された「W-ZERO3[es]」は、シャープ製のW-SIM対応端末。型番は「WS007SH」となる。W-ZERO3と同じスライドボディを採用しながら、ディスプレイ側ボディには数字キーと方向決定キーが配されており、閉じると幅約56mmとストレートタイプの携帯電話のように利用できる。 (ケータイWatch

 電話機として使うにはW-ZERO3の本体サイズは大き過ぎだったので、[es] は持ち運びには便利だと思います。ただし、PDAとしての大画面表示のメリットが損なわれるのが痛しかゆしといったところでしょうか。
 自分としては、仕事で入力端末としても活躍しているので、現行のW-ZERO3で満足してます。
【主な特長】
・片手で手軽に入力できるダイヤルキーと、長文の入力もスムーズに行えるQWERTYキーのデュアル・キーボードを搭載。
・日本語入力システム「ATOK」を標準装備。
 (ただし従来のW-ZERO3でもシャープ非公認ながらインストール可能)
 こちらのサイトがとても参考になりました。
・2.8型で初めてVGA(640×480ドット)の高精細表示を実現。従来のW-ZERO3は、3.7型VGA。
・USBホスト機能に対応、パソコンでご利用のUSBキーボードやUSBメモリー、またデジタルカメラなどを接続して、利用できる。また、ワンセグチューナー、無線LAN、Bluetooth、プリンタといった専用周辺機器の対応も計画中。ただし、従来あった無線LAN機能は非搭載。
・デジカメがマクロ撮影に対応し、バーコードやQRコードを読み取り可能になった。

|

« フラッシュメモリ内蔵の“新時代ラジカセ” | トップページ | W-ZERO3(WS003SH)本体アプリのバージョンアップ公開 »

コメント

はじめまして。
ブログ「ふくすけのひとりごと」管理人ふくすけです。
普段はこのような書き込みはしないのですが、お得な情報があったので
皆様と、この情報を共有したいと思い、書き込みさせていただきました。
突然の書き込みお許しください。

ちまたで騒がれております、WS-007SH【es】ですが、私と共同購入することで
27,500円(新規・機種変更(10ヶ月以上))(税込み・送料込み)で購入できます。

今の段階でこの価格は、なかなかないと思うので、手作業で皆様にこつこつと周知させていただいております。
詳細は下記にリンクを張りましたので、もしご興味があれば見てやってください。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/13014/2616016#2616016
※商品がお手元に届くのは発売日の27日以後になる可能性もありますので予めご了承ください。

大変申し訳ないのですが、目障りだ!という方はお手数をおかけいたしますが、削除してください。
それでは、失礼させていただきます。

投稿: fukusuke | 2006.07.18 04:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/10800277

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコム、「W-ZERO3[es]」を発表!:

« フラッシュメモリ内蔵の“新時代ラジカセ” | トップページ | W-ZERO3(WS003SH)本体アプリのバージョンアップ公開 »