« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.30

雲の上の温泉

PhotoImg_3237Img_3240Img_3248

1泊で万座温泉にアコードワゴンで行ってきました。今回の走行距離は約540kmです。
途中で浅間の鬼押し出し園によって、宿泊地の万座プリンスホテルに向かいます。
露天風呂の写真は、撮影ができないのでWebから持ってきました。標高1,800mからの眺めは素晴らしいはずだったのでしたが、実際は霧で景色はほとんど見えませんでした。(>_<)
万座プリンスと万座高原ホテルの両方の露天風呂をはしごしました。どちらの露天風呂も自分の中では最高に素晴らしい温泉です。

夜、ホテルの窓を開けたらたいへんな事になりました。窓の明かりに群がっていた虫どもが一斉に室内に飛び込んできたのです。無数の小さな虫が室内のランプに群がってきました。
ベッドの上のライトにも集まってきます。これではおちおち寝てられない!
そこで、明かりを浴室だけにしたら、今度はシャワールームに集まりはじめました。
「わはは、しょせん虫けらだな」

続きを読む "雲の上の温泉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.18

これは欲しいぞ!ワンセグTV Watch

00000618_0000_00アサヒビールの「うまい!を選ぼうキャンペーン 2006 うまい!旬感プレゼント!」で、「スーパーワンセグTV Watch 」というワンセグ放送の視聴が可能な腕時計型端末が賞品になりました。

すでに解約してしまった腕時計型PHSのリストモの跡を継ぐのは、これしかない!
それにウィルコム製で今使っているW-ZERO3のW-SIMカードをこの端末のスロットに差し込むだけで、そのまま使用できるのでその時の気分で使い分けができるスグレものなんです。

ただし、キャンペーンのためにアサヒビールが企画・開発したワンセグ端末で、開発メーカーについてウィルコムでは「厳密に言うと今の段階では決定していない」としている。 (ケータイWatch

まぁとにかく、しばらくはアサヒビールを飲まねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.15

RD-H1からMOVIE COWBOYに録画バトン

この写真を見る
 東芝のHDDレコーダ「RD-H1」から録画データの転送用に使っているMovieTankのHDD(250GB)もそろそろ満タンに近づいてきたので、MOVIE COWBOY-MC35UL/Nと400GBのHDDを購入しました。それぞれ14,800円のお買い得品ということで衝動買いしてしまいました。
 最初HDDが認識しなくて焦りましたが、お店に持っていったら故障していたことが分かり、別のに交換してもらったら動作しました。
 そしてRD-H1から録画データをネット経由でダビングして再生しようとしたら、音声が出ません!RD-H1は音声がAC3形式とのことで、どうやらMC35UL/Nは対応していないようです。じゃぁ、RD-H1の録画のときに音声をPCMに選択すればいいじゃんと思って試しましたが、やはり音がでません。
 そこでUleadのDVD MovieWriterというソフトで再エンコードしたVOBファイルを再生してみたら、ちゃんと音が出ました。音が出るには出ましたが、変換するのに長時間(たぶん再生時間と同じくらい)かかってしまい、とても実用的とは言えません。 あ~、MovieTankならそのままで再生できたのに~。
 と、諦めかけていたときに、ネットで検索してみたら、「あしたは明日の風が吹く♪」に「RD-H1」で録画したMPEGファイルをMOVIE COWBOY「DC-MC35UL/N」で再生する^^ フリーソフトで最終決着♪ という今の僕にぴったりの記事が出ていました。そこに書いてあるとおりに実行しましたら、音声だけのエンコードが可能で変換時間も格段に短く済みました。もちろん、音声もばっちり出ます。
 ほんとは、MC35UL/N側でAC3形式に対応できるようにバージョンアップしてくれるのが理想なのですが、あてにできないので今回のソフトは朗報でした。TOSHIさん、ありがとうございます。助かりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

上高地へ

Img_3123Img_3131Img_3137Img_3187

 涼しさを求めて上高地~乗鞍岳に向かう。今回はクルマ(アコードワゴン)での旅。2泊3日で走行距離は700km。
安曇野の碌山美術館大王わさび農場に寄ってから上高地の玄関口にある中の湯温泉に宿泊。温泉への入り口を見落としてしまい安房トンネルに入ってしまった。トンネル内ではUターンができないので、料金所を過ぎてからもとの道を引き返す。おかげで無駄な往復料金(1,500円)を払う。冷静に考えれば料金所の手前でUターンすれば良かったけど後の祭り。中の湯温泉旅館は、大正4年創業の老舗旅館と聞いていたので、古ぼけているのかと思いきや新しくてきれいで立派なので正直驚きました。温泉もさらっとしたいい温泉です。

 上高地の大正池までは旅館のバスで送ってもらえる。大正池~河童橋~明神池へのハイキングは普段あまり歩かない僕にとっては、少々しんどいのですが、ほとんど手つかずの大自然に包まれての散策は体中の細胞が活性化するようです。ほんとに空気も水もきれいに澄んでいます。
嘉門次小屋の岩魚の塩焼きは、900円と高いのですが、他のどこよりもたぶん美味しいので、食べる価値はあると思う。帰りは、河童橋のバスターミナルから中の湯バス停まで。ここで旅館のバスが迎えにきてくれます。交通の便利さも考えると上高地の観光には中の湯温泉は最高の旅館だと思います。

 次の宿泊地は、乗鞍高原の白い小屋
ここの特長は、乗鞍高原温泉(乳白色)とわさび沢の湯(透明)の両方が楽しめることです。もっとも硫黄の匂いがぷんぷんする濁り湯が好きな僕は、乗鞍高原温泉の方ばかり入ってました。ここの食事は囲炉裏を囲んで炭火で食材を焼きながら食べるので、心がほのぼのと美味しく頂けます。ただし、暑っつい。汗だく必至です。

 次の日は、シャトルバスで乗鞍岳まで登ります。標高2,700mまで一気に上るので、終点は涼しいというよりも寒いです。それもそのはず、周囲には雪渓が残っていてスキーを楽しんでいる人もいます。リフトがないので大変だと思います。僕には難行苦行のように見えます。
 とりあえず、魔王岳のお手軽コースで山頂まで登りましたが、かなり霧が出ていて視界が悪いです。下界の天気は晴れだったのですが、ここは雲の中です。風が吹くと霧が払われて、その間は山並みがきれいに見えます。
だけど着ていたメッシュのライダーズジャケットでは、寒さに耐えられません。ロッジで飲んだホットミルクはかなり美味しかった。

 再び下界に降りるとやはり真夏。ニュースでは、台風が3つも接近していて大雨に注意するように言っていますが、この3日間は天気に恵まれ良い旅を続けることができました。帰り道に思う。さて、次はどこに行こうか。

続きを読む "上高地へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »