« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.20

初めてのホープ軒

Img235Img238


タクシーの運転手さん御用達のホープ軒

この日も、店の前に停まっていました。黄色い看板が目印です。

今日は、出張で千駄ヶ谷に行きましたので帰りに立ち寄りました。

Img237Img236


ネギラーメンを注文。有名なザルに盛られたネギとニンニク、豆板醤は自由にトッピングできます。ネギは食べ放題なのであえてネギラーメンにしなくてもよかったかもしれない。今にして思えば。


背脂系ラーメンですが見た目ほど脂っこくないです。なので、スープもがっつり飲めます。さすが歴史が感じられるしっかりした味わいでした。

カウンターでの立ち食いでしたが2階席もありました。ほんとは疲れてたので座って食べたかったのですが、誰も上がろうとしないので、ここは”郷に入りては郷に従え”です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャープ、新型ハイビジョンレコーダーとBDプレーヤー発表

 デジタルチューナを内蔵し、ハイビジョン録画に対応したAQUOSハイビジョンレコーダ5機種を2月20日から順次発売する。デジタルWチューナ3モデル、シングルチューナ2モデルをラインナップ。それぞれにHDD容量が異なるバリエーションモデルを用意する。
 新たに追加された「フォトシステム」は、携帯電話やUSBマスストレージクラス対応のデジタルカメラと連携し、撮影した静止画をテレビで手軽に表示できるというもの。高速赤外線通信「IrSS」を業界で初めてレコーダに内蔵。携帯電話やデジタルカメラで撮影した画像を、ワイヤレスでレコーダのHDDに保存できる。(AV Watch)

 Blu-ray Discプレーヤー「BD-HP1」を3月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15万円前後の見込み。
 BD-HP1は、HDMIを搭載し、同社の液晶テレビ「AQUOS」からコントロールできる「AQUOSファミリンク」に対応したBlu-rayプレーヤー。BDビデオソフトのほか、BD-R/RE(1層)、DVD±R/RW、DVD-RAMの再生に対応する。
 「プレーヤー」のため、デジタルチューナは搭載しないものの、Blu-rayドライブはBD-RE(1層)への記録に対応。同社の液晶テレビ「AQUOS」や「AQUOSハイビジョンレコーダ」とi.LINKで接続し、AQUOSからBD-REへの直接録画が行なえるほか、AQUOSハイビジョンレコーダで録画した番組を「BD-HP1」でBD-REに書き出しできる。(AV Watch)

 録画は“AQUOSユーザー様”限定、シャープのBlu-ray Discプレーヤー「BD-HP1」を速攻チェック!
シャープが発表した“録画もできるBlu-ray Discプレーヤー”「BD-HP1」。AQUOSシリーズと接続すると利用できる録画機能をチェックしてきたので、その使い勝手を紹介しよう。(デジタルARENA)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.10

秘密オフロード基地MMPへ行く。

Img_3765Img_3811Img_3816Img_3828

MMP(ミツミネパーク)という名の秘密オフロードコースに行って来ました。
ここは、12万坪の大自然の地形を利用した山あり谷あり小川ありの雄大なコースです。
場所は秘密だそうです。探すのに苦労しました。

なんと3人での貸し切り状態です!
レンタルバイクを借りることができ、バイクは、HONDA SL230。
軽量で粘り強いエンジンを持つ頼もしいバイクです。

敷地はすべてオフロードで急斜面、岩場、けもの道、崖っぷちなどなど自然に存在するほとんど全ての道が縦横無尽にはしっています。へたしたら谷底に落っこちて大ケガします。実際、道を踏み外して落ちそうになりました(^_^;)

Img_3823

午前中の走行を終えて、休憩場所まで、戻ってみるとS君のコンビニおにぎりと半分食べかけのパンが2個消えています! 他にだれもいないのにと不思議に思っていると、近くにパンの空き袋が落ちてる。さらに探すとおにぎりの包みが海苔だけ残して中身が空っぽ! 空から鳴き声がするので上空に目をやると、トンビが悠々と円を描いていました。やられた! S君は飯ぬきで長い午後を過ごさなければなりません。ここを訪れる人は、食べ物を放置しないようにしましょう。

とにかく全ての道を走破しようとしたらハンパなく厳しい試練が待っています。急斜面の登る途中で、前輪が浮いて後ろにひっくり返るし、降りる途中に後輪がグリップを失ってロック→エンスト→横倒しのままずり落ちる。かなり深い轍にはまって、タイヤが空転するだけで前に進まず。

10時半から4時頃まで走っていると、身も心もくたくたです。アゴや手足の擦り傷、切り傷、打ち身で満身創痍です。でもこの楽しさはなんだろう。こんなハードでクールなオフロードコースは生まれて初めてです。興奮が醒めやらず、また来ますと言って帰路につきました。

続きを読む "秘密オフロード基地MMPへ行く。"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

キャブのセッティング(メインジェット交換)

キャブレター(TMR-MJN)のメインジェットを交換しました。
セッティングの方向は、アクセル全開時のエンジンの伸びを良くする。
そこで、全開域を濃くすることにした。

 メインジェット: #160 ← #145
 (ジェットニードルクリップ段数は、 2段目のまま)
 マフラー:POSH/キャブトン
とりあえず、追加注文した最大の番手を選ぶ。(#150、#155、#160を注文)
これで走ってみると、アクセルを開けたときの加速が確かに伸びるようになりました。
ただし急に全開にしたときのエンジン回転は相変わらず頭打ちになる。
はたして、MJの番手をさらに大きくしたほうがいいのか、大きすぎたのか判断に悩むところです。
まあ、ちょっとこのまま様子をみることにします。春になってもっと暖かくなれば条件も変わってきますしね。

Img_3836

初めてライダーシューズを買いました!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.02

プラズマブースター装着!

Img_3808

オカダ プロジェクツのプラズマブースターを装着してみました。
メーカーによる謳い文句は以下の通りです。

プラズマブースターは、イグニッションコイルの1次側に接続し、点火エネルギーを増大させると同時に、複数のスパークをプラス・マイナス交互に発生させ、燃焼効率、着火性能を大幅に向上させることができる点火強化パーツです。
エンジンのパワー・トルクアップはもちろんのこと、燃費向上、有害排出ガスの低減、始動性の向上、レスポンス向上など、さまざまな効果を発揮します。
もっと詳しく

さて装着後、走ってみての第一印象は、今までよりもエンジンが滑らかに回転しているなと感じました。パワーやトルクの向上というよりも、ピストンが上下するときのもたつき感が少なくスムースに動いているように感じます。単気筒の鼓動はほんの少しスポイルされますが、操縦性はマイルドで扱いやすくなりました。

こんな風に書くと、おとなしくなってしまった思われるかもしれませんが、そんなことはないです。少なくともパワーを犠牲にしていないようです。いや、パワーアップしていないとお金をかけた意味がないので、もうちょっと走り込んでみて効果を確かめようと思います。次のツーリングが楽しみ!

続きを読む "プラズマブースター装着!"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »