« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.27

サイクルコンピュータを付けました。

Img489Img487Img485Img492

以前からスピードメータの針が±10kmの範囲で大きくふらついていてヤバイなと思っていましたが、そのうちにプロペラのように高速回転をするようになりました。
これはこれでおしゃれだと思っていたら、ついに耐えきれず針がふっとんでしまいました。

これではイカンということで、自転車用のサイクルコンピュータ(SIGMA製BC1606L)を取り付けました。
付属品のマグネットはバイクのスポークには太すぎて取り付けられないので、事務用のマグネット(ネオジム磁石)をリムに瞬間接着剤で固定しました。

センサー部は、フェンダーステーの穴に付属品の輪ゴムでくくり付けました。ゴムをねじったりしてちょっと無理がありますが、センサーが反応する位置を試行錯誤しながら探してこの場所にしました。

振動でセンサーがずれたり磁石が外れたりしないかが心配でしたが、先日の伊豆ツーリングでは問題なかったのでこのまま使えそうです。

タイヤ外周は実測で、1996mmでした。バイクに跨りながら、タイヤ一周分ころがしてメジャーで測定。気温やタイヤの空気圧で変動すると思われますので、たまに計り直したほうがいいです。

ぶっ壊れたスピードメータは、距離計は動くので、トリップメータを燃料計代わりに使う予定です。
サイクルコンピュータの精度が正しいとすると、約4%くらい大きい数値を示すようでした。

取り付け位置がハンドルの左側なので運転中はチラ見になりますが、液晶画面の視認性は良いので問題ないでしょう。速度以外にモード切替で時計、トリップ、積算走行距離、ストップウォッチなどを選択表示できます。
実走行時間、平均最高、最高速度などが記録されるのでツーリングの状況を思い返すのにも役立ちます。

難点は、夜間走行です。バックライトがあるのですが、ボタンを押した数秒間しか点灯しない。オプションで外付けのライトがあるようなので、購入を考えてます。

このサイクルコンピュータは、SRのデザインに合うかどうかは別にして、メインメータとしてしばらく使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.26

伊豆・春一番ツー

Img_4987Img_4989Img490_wm

ninjya乗りのTさんのお誘いで伊豆方面へのツーリングに行ってきました。西湘バイパスのPAに集合。
TさんとBMWのSさん以外は初顔合わせのメンバーでいろいろな種類のバイクが合計8台集まりました。
Dさんとは、浄蓮の滝で合流するとのことで出発。
西湘バイパスを出たところから渋滞が始まって、すり抜けをしながら進む。

真鶴を通り、網代でちょうどお昼の時間になったので、予定していた天城浄蓮の滝での猪鍋は断念して、磯料理のお店で、刺身定食を食べる。ここの魚料理も美味しくて品数も多く満足でした。

この後、宇佐美大仁道路~大仁経由R136のルートで帰ることを確認して出発。
道幅の広いワインディングロードでとても気持ち良く走れます。
伊豆スカとの分岐点で後続のKさんを待ってから、先に進む。

ずっと、強い風が吹いていて、横風にバイクが流されながら走りました。
道沿いの駐車場で、Tさん達と一緒になり、最後尾を走っているはずの二人を待つ。
ところが、しばらく待っても姿が見えない。
Tさんのケータイに伊豆スカに入ってしまったとの連絡が入ったので、ここから先は6人で続行。

沼津ICに入り、足柄SAでひと休み。ここで仮解散となり、各自の自宅に向かう。
高速では、相変わらずの強風で体を伏せながら運転してました。
疲れたので海老名SAに入ると、TさんとKさんも来ていたので一緒に休憩。

しばらくして、なんと浄蓮の滝で会うはずだった、Dさんと鉢合わせ。
天城は雨が降っていたと疲れ切った様子が過酷さを物語っていました。
偶然の再会でしばしダベってから、ここで本解散。

実は今朝、集合場所に向かう途中でヘッドライトの球が切れてしまいました。
もう既に日が暮れていて、首都高の渋滞は、ハザードを点滅させながら、すり抜けしました。
整備不良で警察のお世話になることなく無事帰宅。

マイミクさんも新しく増えて、今年は走りの楽しみもアップする予感がします。
走行距離:347km

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.02.21

SHM-CDって素敵

SHM-CDという新しいタイプの音楽CDが話題になっているので聴いてみました。
ロック・ポップス編では50タイトルが発売され、プログレッシヴ・ロックのジャンルからは、ソフト・マシーン(ソフト・マシーン)、ファースト(キャメル)、オクトパス(ジェントル・ジャイアント)の3タイトルが選ばれています。

3作品の中で一番好きなジェントル・ジャイアントの「オクトパス」を買ってきて聴いてみたら、評判通りの音質でビックリ。今持っているオクトパスは2000年にデジタルリマスターされた紙ジャケ盤なので、今回のSHM-CD盤と同じ音源です。
ひとことで言うとフォーカスがきちっと合っていて、より引き締まった音に生まれ変わっています。
このアルバムの聴きどころは、ジョン・ウェザースの迫力ある変拍子ドラミングがストレートに伝わってくるところですね。インスト曲の”ボーイズ・イン・ザ・バンド”でそれが良く分かります。各楽器がすっきり整理されて気持ち良くリスニングできます。その他の楽曲もベールをはいだようなクリアで粒立ちの良い音になっていて、もう通常盤を聴けなくなります。

スティーリー・ダンの「彩(エイジャ)」も聴いてみました。通常盤を持っていないので聴き比べはできないのですが、非常にバランスとれた良い音です。
このシリーズ他にも聴きたいアルバムがありますが、在庫があるCD店が近所に少ないのが難点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.09

星形7気筒バイク

R2800largeJrlswint1BhshowAmber5

JRC CYCLESから、星形7気筒エンジンを搭載したバイクが発売されるらしいです。
このエンジンは、元々プロペラ機用で、400cc×7=2,800ccの空冷です。SR400クラスのシリンダーが7つ放射状に配置したような感じでしょうか。
飛行機のエンジンを積む発想もそうですが、実際に作って販売するなんて、アメリカ人はやることが大きい!
時速365km出るとのことですが、どこで計測したんだろうか。それに、曲がるのが大変そう。
作るのに6ヶ月かかるようですが、日本のどこかの会社が輸入したら売れるかどうかは別にして話題になるでしょうね。
ところで、写真の女性の右足は、7本マフラーの排気ガスの直撃にあっているような気がする。。
その他の写真

070316_hard_drive_platter_bike

こちらは、HDDの部品で作ったバイク

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.02.05

住吉飯店デカ盛りツー

Img_4952Img_4951Img_4949

鋸南町勝山漁港の近くの住吉飯店に昼ごはんを食べにいく。ボクとSくんは「坦々麺」を、Kくんは「もやしそば」を注文。
担々麺は辛いです。でも寒いこの時期には、ちょうどいいかも。体が温まります。もやしそばのデカ盛りにはびっくり!どんぶりにもやしの山がそびえている。食べても食べても麺が出てこないみたい。ちなみにKくんは完食できませんでした。

Img_4953Img_4954Img_4957

おなか一杯になったところで、昨年の秋にKくんと目指した富山北峰展望台に向かう。ちょっと迷いながらも、山頂への林道に入る。日曜日のためか登山者が多い。荒れたダートになっているところもあって慎重に進む。
スクーターのSくんにはちょっときびしい道みたい。でもバイクは便利。歩いて登ったら…、いや歩きだったらこんなところに来ないか。
山頂付近にバイクを停めて展望台まで少し歩く。上からの眺望は、写真だとなかなか伝わりにくいのですが、すばらしいです。展望台付近は広場になっていて、たくさんの登山者がシートを敷いて食事などをしていました。
山から下りて帰り道の途中、「酪農のさと」に寄って、いつもの大好きなソフトクリームを食べる。
そしていつものように高滝湖に立ち寄って解散ですが、ここで、CBR800?に乗るSくんの友だちが偶然、休憩していて、しばらくだべってから帰る。
本日の走行距離、約230km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.04

銚子、魚料理ツー

Img_4946Img_4942Img_4940

今年3回目のツーリングのテーマは、銚子においしい魚料理を食べに行こう!です。
メンバーは、2台のSR400とSRX400で、SRXのRくんはバイク屋さん勤務です。ボクともう1台のSR乗りのMさん、ともにRくんのお店でバイクを買いました。集合場所は、そのバイク屋さんの駐車場。
Mさんが少し遅れてやってくる。Mさんのおすすめで、銚子漁港中央市場前の魚料理 常陸というお店に出発。

道路工事による渋滞もあったりして思ったよりペースが上がらない。
途中のコンビニで休憩。温かいコーヒーを飲んで復活。

しばらく走って銚子の町に入り、やっと目的のお店に着いたら、あいにくの休み。
だけど隣の「魚料理 みうら」もおいしそうなお店なので、そこで食べることにしました。

日替わりの「みうら定食」を注文。
刺身、かさご煮付け、きすフライなど定番の魚料理が並んでいてどれも美味しかったです。
おいしい昼食を食べた後は、銚子ポートタワーの展望台に上って海を眺め、ウォッセ21で晩のおかずを買う。
冬のツーリングは陽が沈むと、急に寒くなります。それでも寒さ対策のためにかなり着込んでいたのと、銚子方面の気温が若干高めだったので、それほど寒さを感じませんでした。ただ、Rくんだけは、ありえない薄着で走っていたので、寒そうでした。帰りもコンビニで休憩し体を温めてから、帰途につく。
さて、次はどこにいこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »