« 伊豆の峠、走り放題 | トップページ | カネシチ~初めましての再会ツー »

2008.05.14

ドライブに連れて行って~志賀は銀世界

Img_5232Img_5238Img_5230Img_5252

ゴールデンウィークのど真ん中。明日、泊まれる所がないかネットで探したら、なんと志賀高原に宿がとれた。
夕食に信州牛のすき焼きが付いてしかも格安!

今回は、クルマ(アコードワゴン)でヨメとドライブ旅行。
上信越・信州中野IC~志賀草津道路(志賀の湯ホテル~志賀高原~横手山~白根山)~万座ハイウェー~鬼押ハイウェー~上信越・松井田妙義ICのルート。

ホテルには早めに到着したので、近くにある琵琶池の散策路を歩く。志賀高原はまだ雪が残っていて、誰もいない池はひっそりと静まりかえっている。

ホテルに戻って温泉に入る。「幕岩温泉」という源泉掛け流し。やっぱり温泉はいいねぇ。
食事は、メインのすき焼き以外にも信州の山の幸をふんだんに使った料理がてんこ盛り。残すのがもったいなくて全部食べたら、お腹が苦しくなった。
しばらくして、温泉に入り、朝起きて温泉に入った。

Img_5253Img_5267Img_5285Img_5293

翌日は、志賀草津道路を走り、横手山に向かう。途中、春スキーを楽しむ人達で賑わうゲレンデをいくつか通過する。横手山の頂上へはスキーリフトが運んでくれる。リフトは、スキーヤーと観光客が交互に使う。下界は晴れているのに、標高2,300mの頂上は雲の中。吹雪いていて視界が悪い。風に吹き飛ばされた雲間から雄大な山並みが見え隠れする。外にいると凍えてくるので、レストハウスであったかいコーヒーを飲んで、また下界に戻る。

次に向かうは白根山。硫黄臭の立ちこめる登山道を登っていくとエメラルドグリーンの火口湖が現れる。この日は色合いがとくに見事で湖面に漂うもやが風にゆらいでいて、さらに神秘的だった。いつまでも見ていたいが下山する。
帰路の途中で嬬恋牧場の牧歌的な風景を見ながら、お昼ご飯のお店を探す。おいしそうな蕎麦屋を発見したので入ってみる。店は混んでいて、さらに作る時間が長い。注文してから、1時間待った。待ちこがれた十割そばは、蕎麦本来のふくよかな味わいで旨かった。そば湯を飲み干して満足して店を出た。
途中、横川で夕食用に峠の釜飯を買って帰り、楽しかった旅行を終える。

1泊2日の走行距離:約600km。

Img_5246Img_5249Img_5298Img_5297

志賀の湯ホテルの信州牛のすき焼きコースと、嬬恋のとある蕎麦屋の十割そば。

|

« 伊豆の峠、走り放題 | トップページ | カネシチ~初めましての再会ツー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/41160779

この記事へのトラックバック一覧です: ドライブに連れて行って~志賀は銀世界:

« 伊豆の峠、走り放題 | トップページ | カネシチ~初めましての再会ツー »