« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.22

SR 30th ANNIVERSARY MEETING!

Img_5502Img_5521Img_5556Img_5506

ヤマハのSR30周年記念ミーティングに参加してきました。この日は静岡県袋井のヤマハテストコースでSRだけのパレードランがメインのイベントです。

東名海老名SAでFSJ(mixiのSRコミュ)のメンバーと待ち合わせ。
海老名に向かう途中、前方に'79年SR400SPのBくんを発見。追い抜きながら挨拶を交わす。
集合時間ジャストに着いたら、034さんが1時間前から待っていた。そのうち、Tさん、kouくん、Bくんの先輩のWさんが集まる。残るIくんはこのときまだ起きたばかりなので、6台のSRで先に出発。
この日は停車中のバイクのSR率が異様に高く、海老名SA内でSRミーティングが開催できてしまうほどです。
空からだと袋井にSR民族が大移動しているのが見えるに違いない。

袋井IC出口のミニストップで、元SR乗りのHくんと、toshiくんと合流。
ここで、久々の再会を祝し談話しながら、朝寝坊のIくんを待つ。真夏並みの陽気で暑い暑い。すぐに喉が渇きスポーツドリンクをがぶ飲みしてアイスを食べて待つ。ここ袋井周辺になると、走っているバイクのほとんどがSRだ。

会場に着くとパレードランに参加するための車検を受ける。僕のSRは途中で、ウィンカーの電球のひとつが振動で砕けてしまい点灯しなかったけど、そこまで調べられなくてよかっった。合格するとフェンダーにPASSDのステッカーが貼られる。このシールが貼られているSRは、パレードランに参加した車両ということになる。

Img_5513Img_5544Img_5534Img_5554

車検の締め切りぎりぎりだったので、テストコースには長い長いSRの列ができていた。
集まったSRは300台以上とのこと。これだけの数のSRオーナーが集結するのは最初で最後だろうから、目に焼き付けておこうっと。
さて、テストコースをSRで埋め尽くしながら走るのはとても爽快です。欲を言えば、もっと速度を上げて走りたかったなぁ。ゆっくりと30分程周回しながら、沿道のスタッフやカメラマンに手を振る。中を走っているよりも、外からこのSR軍団を見ている方が、迫力が感じられると思った。

Img_5524Img_5523Img_5558Img_5560

会場では有名SRショップがカスタム車両を展示していた。
テレビ局からも取材が来ていて、034さんの友だちの大阪のNさんがカッコいいSRとともに撮影・インタビューを受けていた。
そのNさんも合流して、静岡県では有名らしい”さわやか”というハンバーグ屋さんにご飯を食べにいく。
僕は、ステーキを食べたい気分だったので、温野菜とステーキを注文。ステーキは美味しかったけど、他の人が食べているまん丸いハンバーグは、看板メニューとのことですごく美味しそうだった。そっちにすれば良かったかな。今度、静岡方面に来たら絶対にそのハンバーグにしよう。

帰りは関東組のうち、Bくんがそのまま大阪にツーリングに、kouくんが泊まりで2日目のイベントに参加、Tさんが浜松に酒盗の買い出しに行くので、034さん、Iさん、Wさんと僕の4人になります。
帰りに034さんのSRと交代して乗ったりしました。034さんのは、エンジンは500クランク、ワイセコ90ピストンまでは同じスペックですが、ヨシムラSTⅡのハイカムと吸排気は、FCRとスパトラの組合せで、リアスプロケが1歯小さいです。
FCRの加速レスポンスは僕のTMR-MJNより上で、ハイカムのためか高回転域での伸びもありました。ギア比も高速寄りになっているので楽です。乗った感じは、スピードが出ているのにそれをあまり感じさせない、クルマを運転している時に感じるのと似たような安定感もあります。実際に体感できたので、とても参考になりました。

こんなふうに、オーナーの味付けによって全く異なる走りや外観になる単車であるSRは貴重な存在です。
来年は存続の危機が噂されていますが、今日集まった300人の願いがヤマハに伝わってくれればいいなと思います。

走行距離:564km、平均燃費:27km/L


続きを読む "SR 30th ANNIVERSARY MEETING!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.15

SR危機一髪~夏仕様

Img_5496Img_5497スプリットファイアのTWIN COREプラグコードに交換しました。効能は、
「点火電力が飛躍的に向上し、純正のコードに比べ最大で約15倍(当社比)の電力をスパークプラグに供給します。従ってスパークプラグは従来より大きくかつ確実な点火が可能になり、バワー&トルクアップ、燃費の向上などエンジンのパフォーマンスを実現します。」 とのことです。
効果のほどを、第40回グッドライダーミーティング千葉に参加して試してみました。

行く前、ガソリンがほとんど空だったので、途中で給油してから行く。
ところがガソリンを入れた後、出発しようとするがエンジンがかからない!
汗だくでキックを繰り返していると、爆発音がしてキャブレターがぶっ飛んだ。

集合時間まであと5分... 万事休す。
一緒に行く予定だったSくんにケータイで、「俺はもうだめだ。かまわず先に行ってくれ。」と連絡。
半ば諦めたが、キャブを取り付け、もうこれで最後と気合いでキックをしたところ、なんと息を吹き返した!
急いで会場に向かうと、入り口で門を閉じようとしていたところに滑り込みセーフ。

講習の最中、エンジンの始動性が最悪なのに、ON/OFFが頻繁で、大きな爆発音とともにキャブレターが2回ほど、ふっ飛んで恥ずかしかった。ポケットにドライバー持参で修理しながら受講している人なんて、今までいないだろうなぁ。

ところで、TWIN COREプラグコードの効果はというと…、よく分からなかったです。でも、クソ暑い中でエンジンはよく回っていたし、コース走行では前回よりも早く走れたような気がする。あと、赤いキャップと青いコードで、エンジンのドレスアップ効果は確実に上がりますね。

グッドライダーミーティングでは、めっちゃ暑くてエンジンオイルの温度が上がったせいか、ギアの入りがかなり悪かった。そこで、オイルクーラーを塞いでいた金属板を外しました。

そして、キャブレターのパイロット系のセッティングを調整。アイドリングでPSを回して、回転が上がるところを探す。現状だと濃いようだ。PS=1/2回転戻しと薄めに設定。始動のときにバックファイアでキャブが外れるのは薄いからと思っていたけど、どうもそうでもないみたい。よく分からないので、とりあえずこれで様子をみることにする。

そして左バックミラーがまたもや根本から折れた。エンジンいじってから、1万km走って左ばかり2回折れる。振動が大きくて耐えられないのだろう。それでミラーを左右とも交換、今度はボルトでガッチリ固定するタイプで頑丈そうなやつにした。

続きを読む "SR危機一髪~夏仕様"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.13

手作りオーディオ・ラック

Img_5495Aさんが製作中のオーディオ・ラックを"見に来なさい"と言うので、おじゃましてきました。
しきりに自慢するだけあって、なかなか立派なものです。
木材の組合せ方が巧く考えられていて、木の質感も綺麗で素人の手作りの域を超えたものになっていました。
完成するのが楽しみです。

今回、アンプは真空管ではない方で、Aさん所有のボサノバ系のCDを中心に聴きました。
タンノイのスピーカーは、懐の広い余裕のある音で鳴ってくれます。
やはり昔の音楽は、昔のスピーカーで聴くに限りますね、いい意味で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.08

夢に誘われて、うつつの中に~御射鹿池

Img_5447Img_5471Img_5469Img_5458

液晶テレビAQUOSのCMで紹介されている東山魁偉さんの「緑響く」のモチーフになった奥蓼科の”御射鹿池”です。
あの幻想的な世界を体験したくて、ふらっとひとりで訪れてみました。

Img_5443Img_5444Img_5465Img_5476

コースは、~中央道・諏訪IC~R152~県191~御射鹿池~メルヘン街道~麦草峠~上信越道・佐久IC~
で走行距離・約570km。
メルヘン街道(R299)と併走している県191を奥蓼科温泉郷に向かって走っていくと、右手に御射鹿池が見えてきます。池は思っていたよりも小さく、農業用のため池として利用しているようです。

Img_5436Img_5477Img_5445Img_5463

ちょうど今の時期は緑が濃く、あのCMの雰囲気が味わえます。
水面に緑の木々が映え、神々しいほどの美しさで、小一時間ほど見とれていました。

Img_5435Img_5434Img_5490Img_5482

このうどん屋さんは、天ぷらをバイキングのように自由に選べるので、イカとタコを選択。
麦草峠越えのワインディングは、走りのツーリングとしても面白い道です。

続きを読む "夢に誘われて、うつつの中に~御射鹿池"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »