« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.22

T秘境~夢からうつつへ~

房総のどこかに”T秘境”という場所が存在することをネットで知って以来、訪れてみたい欲求にかられた。
その場所の写真はあちこちに掲載されているが、肝心のルートは謎に閉ざされている。どうやら場所を明かさないことが暗黙のルールになっているようだ。
だけどネットで検索しているうちに少しずつヒントが見つかり、場所が絞られてくる。集めた情報を手がかりにグーグルマップの詳細な地図を眺めていると、きっとここに違いないという地点が浮かび上がってきた。
あとは、現地で真実を確かめるだけだ。RPGをしているような感じでワクワクする。
僕はSRで、他のメンバーはセカンドバイクのスクーターで参加。
SRに搭載したナビに目的地をセットして出発。

Img_5732Img_5735Img_5736Img_5741

T秘境への入り口であるトンネルが見えてきたときは感無量だった。
トンネルの脇に先客のジムニーが1台停まっていた。僕らのバイクも右側のスペースに停める。中に入る前に短パン、マリンシューズに着替える。
トンネルを抜けて少し歩くと道は川と一体になる。あとは上流に向かって、手つかずの自然と戯れながら歩く。

Img_5737Img_5759Img_5757Img_5755_2

つきまとうアブを追い払いながら川の中をじゃぶじゃぶ歩く。
川はやがて二股に分かれる。左側は大きな滝になっていて、登れるようにロープが付いている。
滑らないように注意して登ると、滝の上はトンネルになっていた。

Img_5747Img_5754Img_5752Img_5743

さらに上流を目指して歩きます。 途中、水没者 1名。(Kくん)
いくら歩いてもきりがなさそうなので、ある程度のところで引き返す。

Img_5753Img_5760Img_5763Img_5764

カエルを捕まえたりしながらカエル^^;
このとき、Sくんが部類のカエル好きなのを知る。

いつの間にか、四駆の家族が川の中まで侵入してきて、レジャー気分でBBQをやっている。
帰り際に、けしからんやつらを見て興ざめしてしまった。
なるほど、一般に公開したらこんなものじゃ済まなくなるな。
この場所は、人に知られずそっとしておくべきだ。
そう思いながら、トンネルを出た。

走行距離:227km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.19

SR30周年記念ミーティングにて

Dsc_4371

@niftyバイクライフに先日行われたSR 30th ANNIVERSARY MEETINGの写真がアップされてました。
 こっち と そっち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑の気まぐれ房総ツー

Img_5710Img_5715Img_5722Img_5720

真夏の太陽が照りつける中での房総ツーリングでした。
ヤマハ50周年記念SRのMさんと、~うぐいすライン~久留里~R465~もみじライン~県89~県272~カネシチ水産~魚見塚展望台~清澄養老ライン~久留里~うぐいすライン~のコースを走りました。

あまりに暑いので、”不動の水”でひと休み。たくさんの人がペットボトルに水を汲みに来てました。さっき休憩したコンビニで飲み終えたペットボトルを捨ててしまったのが悔やまれます。
湧き出している水を手ですくって飲んだら冷たくて美味しい。ついでに顔を洗ったらチョー気持ち良かった。
今回、江見に抜ける県272を初めて走った。少し細い道もあるが、景色はなかなかのものでした。

カネシチ水産では、金目鯛の塩焼き定食と鮑の肝刺しを食べる。金目鯛は、まるまる一匹がうれしいです。身をほぐしてそのまま食べても潮の味が染みていて美味しい。鮑の肝は初めて食べましたが、美味しいというよりもちょっと苦めで、酒の肴にはいいです。Mさんは、刺身定食で今が旬のサンマも盛られていて、こちらも美味しそうです。

Img_5723Img_5724Img_5727

魚見塚展望台は、鴨川松島の絶景と市街地や海岸線の景観を楽しめる大好きな展望台のひとつです。
清澄養老ラインの途中で、SRを停めて河原に降りました。アスファルトの灼熱から解放され、涼しいひとときを過ごせました。靴を脱いで川に入るとMさんの足に小魚の群れが寄ってきました。まるでドクターフィッシュのようですが、近寄ってくるだけで角質を食べている気配はないです。
ちょいと気まぐれで立ち寄りましたが、コンビニ休憩よりもリラックスできるのでいいもんですね。

走行距離:230km

続きを読む "猛暑の気まぐれ房総ツー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.11

社員証 宅配ツーリング

Img_5678Img_5681Img_5687Img_5692

カバンの中を開けてみたら、職場のAさんの社員証がなぜか入っている。数日前に会社の飲み会があったので、そのときに何かの拍子に紛れ込んだのだろう。僕もAさんも夏期休暇に入ってしまい今まで気が付かなかった。
まぁ、休み明けに返せばいいかと思っていたが、Aさんの帰省先は那須塩原である。
明日も休みで、行く当てもないのでツーリングがてら那須まで社員証を届けに行くことにした。
Aさんに連絡し、西那須塩原IC付近で待ち合わせをすることに。

東北道で直行しても面白くないので、日光宇都宮道路~いろは坂~中禅寺湖~戦場ヶ原~奥鬼怒林道~川俣湖~五十里湖~塩原バレーライン~というコースで回ってみることにした。
最初のみどころのいろは坂は、登りと下りが別々の一方通行で対向車が来なくて安心だし、2車線なので遅い車がいてもスルーできて快適です。途中の明智平で休憩、男体山が目の前にそびえている。ロープウェイで華厳の滝の展望台まで行けるがパスする。いろは坂を駆け上がりしばらくすると中善寺湖が見えてくる。

Img_5693Img_5700Img_5702Img_5707

中禅寺湖の北岸を走り、戦場ヶ原を抜けたところに奥鬼怒林道の入り口がある。
山の中をくねくね走りますが全線舗装で景観もいいです。
林道の終点からは鬼怒川沿いに川俣湖、五十里湖ときれいな水のオンパレード。
塩原バレーラインは森林の中を走る気分爽快なワインディングを楽しめます。

じつは昼食を食べないで走り続けたので、お腹がすいてきたのですがAさんのいる那須塩原まで我慢する。
14時30分頃に那須塩原についてコンビニで待ち合わせ。
Aさんがクルマで迎えにきてくれて、向かった先はハンバーグが名物のお店。この前SR30周年ミーティングのときに袋井にあった”さわやか”というハンバーグ屋さんと似た感じ。あのときはハンバーグを注文しなかったので、今回は爆弾ハンバーグを食べる。大きな丸いハンバーグを目の前で半分に切ってくれて、中が赤いうちに食べるというスタイルだ。ジューシーでとても美味しいです。

さて、雲行きが怪しくなって雷雨の心配が出てきたので、帰りはICから高速で真っ直ぐ家に帰ることにする。
伊豆で壊れたときに製作してもらったシフトペダルのロッドは今回かなりのワインディングを走ったが、まったく問題なく動作してくれました。お守りのために純正のシフトペダルを持ち歩いていますが、当面使わずに済みそうだ。

走行距離:505km

続きを読む "社員証 宅配ツーリング"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.06

トラブル続出!むーらん号

Img_5638Img_5642Img_5641Img_5645

レッドバロン小田原店に置き去りにしていたむーらん号を引き取るために電車で小田原に向かう。東京駅からは新幹線を使っての小さな鉄道の旅です。小田原駅からバスに乗り換え、目的のバス停で降りると。お店は目の前にありました。10時少し前に着いて、むーらん号とご対面。
調べてもらったところバッテリーのメインヒューズが切れていて、メーターの配線が焦げていたとのこと。

トラブル発生時にチェックして問題ないと思いこんでいたヒューズは、PPSというバッテリー安定器の方だった!そして、ライトケース内の配線も当初は異常がありませんでしたが、お店でヒューズを交換したときにヒューズと一緒に配線が溶けたようです。配線を絶縁して、エンジンはかかるようになったが、メーターのインジケータがいかれているとのこと。

ライトケースを開けてみると、メーターからの配線が1本、焼け焦げていた。どうやらメーター内の基板がショートしているみたい。そこで家から持ってきたスピードメーターと交換する。こんどの新しいメーターは文字盤が黒だ。
メインキーをONにして、エンジンをかける。メーターのインジケーター、ウィンカーなどの電装系が正常に動いている。よかった~。胸をなでおろし、店内で缶ドリンクを飲んでひと休みする。
さて、せっかく小田原まで来たのだから、箱根か伊豆を回って帰ろう。エンジンオイルを交換してもらってあるので、ちょっと遠くまで伊豆の峠を東西に走り抜けよう。

真鶴の旧道を通り、網代で味里というお店の漁師丼の看板につられて入る。限定15食とのことで、鮑まで入っていて美味しかった。
さて、デザートとして道の駅・天城越えの”わさびソフト”を食べようと心に決めて、伊東から冷川峠を越え、湯が島温泉に向かう途中に悲劇が襲った。快調に走行中、突然シフトペダルの感触が無くなった。金属の棒が折れていて、ペダルがぶらんぶらんしている。

Img_5646Img_5652Img_5651Img_5650

SRを日陰に寄せて、手持ちの工具でなんとかならないか考えたがどうにもならない。
しょうがないので、ギア1速のままでしばらく走り、コンビニに駆け込む。
汗がだらだら出るので、水分補給をする。コンビニの商品でなにか対策できないか、映画の”アポロ13”みたいにあれこれ考える。そこで出た結論は、荷造り用ビニールひもを折れたレバーのところに結んで、ハンドルに通して手で引っ張り上げる作戦。よし、完璧だ!
と思いたいところだが、無惨にもすぐに打ち砕かれた。レバーの長さが短くて手の力ではどうにもこうにも動かない。
そこで足の先に力を込めて無理矢理シフトアップして5速に入れた。もうこうなったら、停車するときもクラッチ握ったまま、そして5速発進だ。
このまま、沼津ICに入って家まで帰ろうかと思っていたら、ハーレー専門のカスタム屋さんが目に付いた。
それが、SIMPLE MOTORCYCLE.です。
ハーレーではないので、ダメもとで相談してみたら、引き受けてくれました!

Img_5669Img_5657Img_5666Img_5661

最初は、折れたバーを溶接してみました。ところが溶接部が湾曲している部分であり、接合しても力が加わるとまた折れてしまいます。そこで、店にある部材を組み合わせてワンオフで作製していただきました。
ストレートに連結しているので、バーが折れることはないでしょう。なかなかいい感じに仕上げてもらいました。

お店の雰囲気も良く、センスの良いハーレーが置いてあります。また、オーナーは可愛い娘さんの前ではいいパパさんの顔になっていました。頼れるお店です。みなさん、清水に行ったらよろしくです。

走り出して、ギヤチェンジが普通に出来るって幸せだなぁと本気で思いました。
東名高速を喜び勇んで走っていると、エンジンも調子が良いのかメーターの針が140km/hを軽く越えてしまうほどです。でも、そんな有頂天なボクでも気が付き始めました。そんなはずはないと。。
サービスエリアに停車して、メーターを見ると35km/hを指してます。
そうか、常に35を引けばいいんだ。
という訳にはいかないので、翌日、初期故障で交換してもらいました。285kmのはかない命でした。今度の文字盤はタンクの色に合わせて赤にしました。ライト周りが華やかになっていい感じ。

ついでに、サイドバッグとサイドフレームを取り付けました。このバッグには車載工具とカッパがちょうどぴったり入ります。そして、リアタイヤのスリップサインが見えてきたので、今までと同じBT-45でタイヤ交換しました。

走行距離:260km (気分的にはリタイアに近いな~)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.08.03

SRと柴咲コウとGOOD LUCK!!

SR30周年記念ミーティングで見かけた ドラマで柴咲コウが乗っていたSR400。

Img_5520Img_5514Img_5516Img_5519

GOOD LUCK!! SR400名場面集!

Uvs080410001Uvs080410002Uvs080410003Uvs080410004

Uvs080410006Uvs080410008Uvs080410009Uvs080410010

Uvs080410011Uvs080410016Uvs080410018Uvs080410019


Img_5590Img_5593

SR30周年記念Tシャツ。
初日は、完売で買えなかったので、コウ(kou)くんに頼んで買ってきてもらいましたgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.01

サヨナラむーらん号

Img_5599_2Img_5614_2Img_5601_2Img_5611_2

今日は、Sくん(KTM690)、Kくん(バリオス)と山中湖へのツーリング。
この3人での山中湖行きは過去何度となく誰かのトラブルで実現に至らなかったいわくつきの場所です。
今回は、集合場所の鬼高PAにみんな元気に集まる。
コースは、~中央道~道志みち~山中湖~忍野八海~パノラマ台~国246~菜の花台~ヤビツ峠~宮ヶ瀬湖~中央道。
道志みちを快調に走る、このあたりは、涼しくて気持ちがいい!
道の駅で休憩。桃のソフトクリームを食べる。おいしいです。
山中湖畔の野外ステージ"きらら"で休憩し、忍野八海に向かう。久しぶりに訪れました。冷たい湧き水群を見ていると、旅の疲れが癒されます。

Img_5608_2Img_5606_2Img_5609_2Img_5618_2

お昼は、近くの”彦兵衛うどん”で焼きちくわ付きの冷やしつけうどんを食べました。麺は、やはり太くてコシがあります。揚げ玉が好きなだけ入れられるのがいいです。めっさ暑かったので冷やしにしましたが、吉田のうどんは固いので温かい方が好みでした。
うどん屋さんの向かいに桃屋さんがある。2つの水桶にそれぞれ桃が浮かんでいて、値段が100円と200円。
200円の方が甘いと言われたので、そちらを食べる。店のおっさんが、山梨の人はみんな皮ごと丸かじりするのだと言うので、だまされたつもりで皮も食べてみたら、これが旨い! 皮と身の間の部分がとくに美味しいのがよく分かった。新しい発見です。
さて、おいしいデザートも食べて、富士山と山中湖の絶景が楽しめるはずのパノラマ台に向かう。この日の富士山は、ずっと夏の雲に覆われていて姿が見えなかった。ここに訪れるのは、3回目ですが、まだ一度も綺麗な富士の姿を見たことがありません。いつかまたぜったい見に来ようと思います。

Img_5621_2Img_5624_2Img_5630_2Img_5635_2

国道246を秦野に向かう途中の登り坂で、突然エンジンが停止した!
最初は、ガス欠かと思ってリザーブに切り替えるが復活せず、そのまま路肩に停車。
調べてみるとキーをONにしていても電源が入らない。とりあえず、シートを外してヒューズを見たが断線していない。ライトケース内の配線を見ても、特に異常は見られない。
原因が分からず、レッドバロンのロードサービスに電話して、来てもらうことにしました。
ここから一番近い店舗は小田原店で、トラックが出払っているので、1時間半かかると言われたが待つことにした。
停車した場所が、登坂車線の途中で後続車の迷惑になるし危険なので、坂の下まで惰性で下ることにした。
下にコンビニがあったのを憶えていたからである。急斜面なので、最高時速50kmで走ることができた。
とりあえず、セブンイレブンの駐車場に駐車して、バロンの救援を待つ。ここなら、ジュースやアイス、トイレもあるので国道の路肩に比べたら天国です。
Kくん、Sくんと話しをしながら待つこと約1時間ほどで、レッドバロンのロゴがペイントされたトラックが到着した。
おー、このときバロンの人が神様のような気がした。
電装系についてはイモビライザーも搭載しているので、引き上げてから店で調べるとのこと。。。
トラックの乗せられ搬送されていく、我がSR(むーらん号)に手を振りお別れをする。

ここから先は、SくんのKTM690でタンデム走行による帰還。
予定していた宮ヶ瀬湖はパスして東名・大井松田ICから高速に乗る。
初めてのタンデムでの高速走行は、ちょっと恐かったですが、KTMの後ろは乗りやすく、思ったより楽でした。
〆は、活力ラーメン 元気一杯でしょうゆ味を食べる。おいしいラーメンを食べながら、トラブルもツーリングの醍醐味だと笑いながら話せる。だからバイクはやめられませんな~。

本日の走行距離:200kmでリタイア。

続きを読む "サヨナラむーらん号"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »