« 筑波 『できたてベーコン』 ツー | トップページ | 台風退散!グッドライダーミーティング »

2008.09.15

S秘境~いにしえの芸術品~

P1000037P1000038P1000072P1000054

秘境シリーズ第2弾として、S秘境を探索してきました。T秘境を訪れたあとから、S秘境の場所探しが始まりました。今回もネットでの検索だけが頼りです。相変わらず乏しい情報から少しずつ目的の場所を特定する作業になります。やはり、細かいピースをつなぎ合わせていくうちに、あの特徴的な”岩”の場所が明らかになっていきました。ただし、そこへ辿り着くまでの具体的な入り口の場所は不明なので、現地で確かめるしかありません。

おおよその見当をつけておいた脇道を入っていくと、突き当たりにありました!怪しい獣道みたいのが。
さらに奥に進んでいくと、両側が切り立った岩になっており、いかにも秘境への入り口という感じ。
川の水が見えたかと思ったら、突然視界にあの”岩”が飛び込んできました。

P1000059P1000047P1000049P1000048

川岸でマリンシューズに履き替えて下流に向かって歩く。
例の岩のところでは、大きさが分かるように人物と一緒に撮影。このとき岩肌を傷つけないように注意して登りました。
途中、川に降りる石の階段があったりして、ネットでの情報通りここへはいくつかのルートがあるようです。
川底の石は細長く浸食していて、よく滑ります。
水中にたくさんの魚が泳いでいるのが見えます。どもうアユらしいです。

P1000075P1000074P1000077P1000083

S秘境を後にして、勝山の住吉飯店で冷麺を食べる。コシのある麺がハムとピリ辛のスープと調和して美味しかったです。
食べ終わったあとは、お城の形をした大黒山展望台に登る。結構急な斜面で、大量の汗をかきながら登りましたが、頂上からの景色は疲れを忘れる絶景です。写真では伝えきれないので、ぜひ登ってみてください。

金谷のザ・フィッシュのなかにある見波亭のバウムクーヘンが美味しいとのことで、買って食べてみました。のこぎり山というユニークな形のバウムクーヘンは甘すぎず上品な味わいでかなり美味しいです。

S秘境のあの岩はこれからも後世に残しておきたい自然のすばらしい芸術作品です。
ここへは別のルートもあるようなので、いずれそちらからのアプローチも試してみたいと思います。

走行距離:230km

|

« 筑波 『できたてベーコン』 ツー | トップページ | 台風退散!グッドライダーミーティング »

コメント

S秘境、一発で辿り着いた。お見事でした。
そしえ大黒山展望台は冬に登れば遠くまで見渡せそうですね。千葉県も細かく探せばまだあるかも。
30日もよろしくです。

投稿: バリ | 2008.09.15 18:07

あんな所は、仲間と一緒に行くからいいんです。
同じ景色を見ながらいいねぇ~なんて分かち合えるから。
また未知の場所に行きましょう!

投稿: むーらん | 2008.09.15 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/42468483

この記事へのトラックバック一覧です: S秘境~いにしえの芸術品~:

« 筑波 『できたてベーコン』 ツー | トップページ | 台風退散!グッドライダーミーティング »