« BORE-ACEのマニホールド | トップページ | インマニ取り付けとTPS、PS調整 »

2009.01.18

カーヴド・エア JAPAN TOUR 2009

File0002

カーヴド・エアの来日公演に行って参りました。会場は川崎CLUB CITTA'で席は3列目左側。
1時間40分ほどの演奏で「Reborn」からの曲がメイン。
ソーニャはお年の割に若い衣装で最初は少し引きましたが、間奏部の妙な振り付けの効果もあってその独特な世界に引き込まれていきました。声も良く出ていて39年前のファーストアルバムの頃よりもいいのではと思えてしまう。ダリル・ウェイのヴァイオリン・ソロなどライヴならではの見所があって充分に楽しめました。

File0005File0001

P1000468

ライヴ終了後サイン会があって、セカンドアルバムの紙ジャケにメンバー全員のサインをしてもらい、握手もしました。
カタコトの英語で話しかけたら、ベースのクリスが何かを聞いてきたのですが意味が分かりませんでした。こんなとき英会話ができたらなぁ、としみじみ感じた日でした。
ソーニャがサインしているとき、サインペンのインクがかすれてきて、力まかせに上書きしている跡が残っているのも味があっていい。

|

« BORE-ACEのマニホールド | トップページ | インマニ取り付けとTPS、PS調整 »

コメント

カーヴド・エア、まだ活動していたんですね(失礼)!!
と~っても懐かしいgood
70年代後半に大貫憲章か、もう1人Rokin' onを出版してた人のラジオ番組で流れていたのを思い出しましたよconfident

むーらんさん、本当に音楽好きですねぇ。渋い!!!

私、キース・エマーソンの姪っ子と数ヶ月一緒に仕事していた時があるんですが、あんなに偉大なキーポードプレイヤーなのに、彼女曰く「いつも小汚いヒッピーみたいな格好していて、私は嫌!!」と発言。
開いた口が暫く閉じなかった事を覚えています。

これからもバイクと音楽と楽しいブログを期待してます。

投稿: sayuri | 2009.02.15 12:34

キース・エマーソンの身内の人と仕事ができるなんて、すごい環境ですね~

物心ついたときに好きだった時代の音楽をずっと聴いています。
最近のJ-POPなどにも良い曲がたくさんありますが、70~80年代のロックが一番輝いていたように思います。

あの頃は、FMラジオが主な情報源で大貫憲章や渋谷陽一などの番組で流れる曲をカセットテープに録音していたものでした。 懐かしいなぁ。

投稿: muran | 2009.02.17 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/43780253

この記事へのトラックバック一覧です: カーヴド・エア JAPAN TOUR 2009:

« BORE-ACEのマニホールド | トップページ | インマニ取り付けとTPS、PS調整 »