« 地下500メートルの発電所 | トップページ | スプロケとタイヤを変更してみた。 »

2009.10.14

CEATEC 2009

P1020433Sp1020446P1020450P1020435

今年のCEATECで目立っていたのは、薄型テレビでの3D映像だった。
立体映像の技術は熟成されつつあり、だいぶ実用レベルになってきていると思う。
専用のメガネをかけて視聴するのだが、より自然な立体感が得られ疲労も少ないように感じた。
東芝は通常映像を3D変換するデモをしていたので、テレビ放送もリアルタイムでの立体映像の視聴ができるのであれば、モトGPなどのレースやスポーツ観戦には迫力のある映像が期待できそう!
これもまた規格統一やソフトの対応とかの問題が浮上してくるんだろうな。

P1020441P1020457P1020456P1020437

何となくパナソニックさんが気になりました。

Sp1020459P1020458P1020460P1020432

P1020462P1020443Sp1020453P1020469

|

« 地下500メートルの発電所 | トップページ | スプロケとタイヤを変更してみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/46451252

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC 2009:

« 地下500メートルの発電所 | トップページ | スプロケとタイヤを変更してみた。 »