« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.28

2009年納め願掛けツー~大洗

P1030227Sp1030231P1030238_2P1030228

おじライのNiさん(CB400SF)がマッサージ店を開業するときに祈願しに行ったのが「大洗磯前神社」。
その神社にお礼参りに行くということで、ボクの場合は息子の合格祈願をすることにした。
Niさんはバイクに乗り出して一年くらいで、首都圏を抜けるのが苦手だと聞いていて心配だったので、少し早めに待ち合わせ場所に行った。集まっているバイクを見ながら待っていたら程なくして、赤白のCBがやってきた。
Niさんとは飲み会で顔合わせをしていたが、ツーリングに行くのは初めてだ。
今日は日差しもあって暖かい。30分程、外で休憩しながらしゃべっているうちに集合時刻になったので出発。

今日のツーリングは、ボクが先導で湾岸線・湾岸幕張SA~東関道・潮来IC~R51~大洗というコース。
渋滞もなくほぼ順調に走り、大洗磯前神社の大鳥居が見えてきた。神社は小高い場所にあるので太平洋が眼下に見える。
本殿前には来年の干支である寅の大きな絵馬が置いてある。
お賽銭を投げて、息子の合格や家内安全を祈願した。
Niさんはかなり長い間、手を合わせ頭を下げていた。いろいろ神さまに話すことがあったのだろう。

それから、おみくじを引いたらなんと「大吉」。縁起のよい締めくくりになった。

Sp1030250P1030254Sp1030243P1030258

お参りの後、Niさんが去年宿泊した「大津屋」さんに寄ることにした。
宿のおばちゃん、腰が弱く、去年マッサージしてもらったことをよく覚えていて、Niさんとの再会を喜んでいた。
せっかくだから、お昼を食べて行くことにした。

冬の大洗といえば、あんこう鍋。名物のあんこう鍋をつつく。
具材の上から、おばちゃんオリジナルの味噌を乗せる。
この味噌があんこうの身にしみ込み、すごくいい出汁になる。
〆はご飯、たまごを入れて雑炊にして食べる。
先ほどの出汁が効いていて、これまた美味しい。
お腹一杯、体も温まった。

予定では温泉にも入るつもりでいたが、冬の日没は早く、気温も下がってくるので、このまま帰ることにした。
帰る途中に休憩した東関道・佐原PAの展望台は、いい眺め。
最後の休憩場所、湾岸幕張SAではすでに薄暗くなっていて、エンジンの熱で手を暖めながら、また走りましょうと話をして、次のICで解散。

走行距離:293km

今年最後のツーリングも無事終了しました。
一緒に走って頂ける皆様、また来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐ~生後6ヶ月の憂鬱

P1030217P1030222P1030173Sp1030265

まぐも順調に成長し、去勢の時期をむかえた。
手術は30分ほどで終わるとのことで、数時間後には家に連れて帰ることができた。
舐めて傷口が開かないようにエリザベスカラーという円盤を首に付けられた。
一週間後に検査をするまでこのまま暮らすしかない。

歩くたびに物にぶつかり、お気に入りの高い場所には登れず、激しく抵抗していたが、諦めたのか次第におとなしくなり、しょんぼりしている orz
急に降りかかった不幸に儚んでいるようで、見ていて気の毒だが、一生に一度のことだから我慢してもらうしかない。
がんばれ、まぐ!

生後6ヶ月(人間で10歳)、3.4kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.27

カスタム・バーニングでSRミーティング特集

Cb_122401Cb_122402Cb_122403

バイク雑誌のCUSTOM Burning 2月号に、11/22に行われたSRミーティングの記事が載ってた。
集合写真に自分の顔を発見。集団の中のひとりにすぎないが嬉しいものだ。
あのとき雑誌のカメラマンに個別に自分のSRと一緒に写真を撮られたが、それはボツになったようだ。
それにしても個性的なSRが多かったなぁ。
さて、私の来年の抱負は、カラダにやさしいSRにしようと思う。 あー、腰が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.26

いざ鋸山へ~謎のリュック

Sp1030176P1030187P1030188P1030190

待ち合わせ場所の高滝湖に着くとKくんのアドレスが待っていた。
我がSRにもハンドルカバーを装着し、すっかり冬仕様になった。
これはカバーの上からレバーを握るタイプになっているので、操作に慣れないと最初は違和感を覚えます。
特にブレーキレバーは握るのが遅れると危険なので、常にレバーに指をかけて走行するようにしています。
手に風が直接当たらないので夏用グローブでもなんとか大丈夫でした。ただこれからの厳冬期にはちょっと厳しそうなので、中にカイロを入れるといいかもしれない。

さて、本日の目的は鋸山ハイキング。車力道と呼ばれている山道を登ります。切り出した石を運んだ道で、当時の車輪の轍が残っています。途中に石切場があります。

P1030194P1030196P1030197P1030226

石を切り出した跡の空洞は、まるで秘密基地か古代神殿のようです。
この後、絶壁階段と呼ばれる石を削りだして作った急階段をよじ登って行きます。

P1030201P1030202P1030211Sp1030213

やがて視界が開けた場所に出るとそこが展望台になっている。海の向こうには富士山が望め、三浦半島もすぐ近くに見える。
ベンチに座り、持ってきたおにぎりを食べた。コンビニおにぎりだが歩き疲れた体には、たまらなく美味しい。

食事も済んで、いざ下山しようとしたら、なぜかリュックが置き忘れられていた。
結構重く、そっと中身をのぞいてみたら、食器や食料などが見え、かなり本格的な装備だ。
山登りに行ってリュックを忘れるなど普通は考えられない。
どうしたものかと思ったが、これを背負って下山しても持ち主に会える可能性はないので、そのまま置いて行った。それにしても、いったい誰がどうして置いていったのだろう?

走行距離:217km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.12

ビンゴほろ苦ツー

P1030157P1030161P1030164

この日は、月曜休みのツーリングで、Bさん(ハヤブサ)の呼びかけで、Tさん(ゼルビス)、Aさん(250SB)、BSさん(VTZ250)が集まり5台で出発した。

うぐいすライン~県道88を快調に進んで、三芳村・道の駅にあるビンゴバーガーに行った。
写真の500mlペットボトルと比べても分かる通り、かなりのビッグサイズです。
実は5人とも、この日初めて顔を合わすメンバーだったがバイク乗りは、そんなことはあまり気にしない。
走りたいときに集まって、ご飯を食べて、また走る。

P1030166P1030167P1030168

帰り道でアクシデントが発生。
Tさんがコーナーで転倒、それにBSさんが追突。どちらも自走できない状態。

Tさんは購入3日目で初ツーリングとのこと。
ほろ苦い思い出となってしまったが、幸いふたりとも怪我はなかった。

バイク屋のトラックを呼んで、2台を積んで行ってもらう。
ふたりはBさん、Aさんとタンデムでの帰還となる。

無理をしないで走ることと、車間距離を空けて走ること。
これ大事です。 自分にも他人にも走る前には注意しよう。

走行距離:236km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.12.09

房総~旅は道連れツー

P1030106P1030111P1030113Sp1030115

この日は、房総の紅葉でも見に行こう、とひとりで出かけた。
養老渓谷の手前あたりのコンビニに休憩しようと立ち寄ると、GL1500が停まっている。
「どこまで行くんですか?」と聞いたら、
「温泉に入って、うまいという評判の蕎麦屋に行く。」とのこと。
「とくに行き先を決めているわけではないので、ご一緒してもいいですか?」
ということで、ついて行くことにした。

午前中からいきなり温泉に入るのは久しぶり。
新川旅館の洞窟風呂に入る。典型的な房総の黒湯です。
岩を掘ったようなところにあって、脱衣所まで湯気がもうもうと立ちこめていてサウナ状態。
体の芯からよく暖まるいいお湯です。

温泉でほてった体を少し冷ましてから、手打蕎麦 ゆいに向かう。ここの蕎麦屋さんは、古い民家のような佇まいです。うっかり通りすぎてしまいそうになります。
”自然薯せいろ”を食べました。十割そばですが荒いところがなくつるっと滑らかでとても美味しい。
自然薯のにゅるにゅると相まって格別の食感を堪能できます。

奥の座敷には、古いBSAが展示してあり、バイク好きにはたまりません。

P1030135_2P1030141Sp1030126Sp1030130

蕎麦を食べたあとGLのTさんとは別れて、粟又の滝へ向かう。
ちょっと紅葉の見頃は過ぎていたようだ。

Sp1030134P1030142P1030151Sp1030153

さらに房総を南下して、館山の小松寺に行ってみた。

走行距離:265km

続きを読む "房総~旅は道連れツー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.04

冬の房総~紅葉ドライブ

P1030056_2P1030061Sp1030099P1030067

11月末は房総半島の紅葉の季節ということでヨメともみじロード~清澄養老ラインという定番のツーリングコースをクルマで走ってきた。
どちらのコースも全山紅葉というわけではなく部分的に色づいているのだが、冬の房総の最後の賑わいを楽しめた。


P1030088P1030074P1030082P1030081

お昼ごはんは、船よしさんで、2種類の定食を注文。
分け合って食べるとバラエティに富んだ魚料理を堪能できます。その日の旬の魚を料理してくれるので、いつ行っても美味しい魚が食べられます。

その後、清澄養老ラインの途中にある七里川温泉に向かう。ここはテレビでも紹介されて人気度が上がり、駐車場は満杯で他のクルマ同様、周辺の山道に路駐しました。入口付近では囲炉裏を囲んで炭火焼きをしていたり、宴会場では大勢で盛り上がっています。ところが内湯も露天風呂もせいぜい3組くらいしかいないのでゆったり浸かることができました。
ここは宿泊客が多いので、駐車場が混んでいても意外に風呂は空いていることが分かった。

美味しい魚と温泉があれば、幸せだなぁと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.03

まぐ~5ヶ月

P1030004P1030105P1030001P1020992

我が家の”まぐ”もやんちゃの時期で、なかなかじっとしていない。和室の障子は破り放題でボロボロ。怒ってもしょうがないので、そのまま放置。
噛む力も強くなり、噛みつかれるとかなり痛い。毎日のように戦いごっこをしている。

Img757Img761Img760P1020919

少し前まで、食べた直後に吐くときがあったが、異常なさそう。
固形タイプのごはんもだんだんと食べるようになってきた。

生後5ヶ月、体重2.9kg。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SRミーティング inおがの

7ea1b508Sp1030051P1030037Sp1030033

”バイクの森おがの”で開催されたSRミーティングに行ってきました。午後から雨の予報にもかかわらず来場者500人、参加バイク300台集まったらしい。日頃の行いが良いのかイベント開催中に雨は降りませんでした。

この日は、町がSRだらけになった。帰る途中のガソリンスタンドでも「今日は、やけにSRが多いですね。」と言われた。SRのすごいところは、これだけたくさんの車両でもノーマルを除いては、同じものがないところ。

P1030044P1030017P1030019Sr20meeting01

東京モーターショーでは見るだけだった新型SRを希望者はエンジンをかけることができた。
ヤマハのSR担当開発者によるトークショーでメーカーとしてのSRへの熱意も感じることができた。
この模様は、ヤマハ公式ブログでも紹介されてます。

先着順に配布されたイベント特製のTシャツは、会場時刻前に配り終わったようです。ボクは21番目の到着でもらうことができました(^_^)v

Sp1030048Sp1030041P1030028P1030026

SRショップさん達からのカスタム車も多数展示してあって、まだまだ深化し続けるバイクだとあらためて感じました。
豪華賞品が当たる抽選会では、トートバックとマグカップ、ステッカー類を頂きました。
じゃんけん大会ではシート、マフラー、ヘルメットなどをかけてペイトンの社長とバトルが繰り広げられましたが、ボクは完敗でした。
関東では初めてのSRミーティングでしたが、また来年も継続して開催してほしいなぁ。

走行距離:316km

続きを読む "SRミーティング inおがの"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »