« 冬の房総~紅葉ドライブ | トップページ | ビンゴほろ苦ツー »

2009.12.09

房総~旅は道連れツー

P1030106P1030111P1030113Sp1030115

この日は、房総の紅葉でも見に行こう、とひとりで出かけた。
養老渓谷の手前あたりのコンビニに休憩しようと立ち寄ると、GL1500が停まっている。
「どこまで行くんですか?」と聞いたら、
「温泉に入って、うまいという評判の蕎麦屋に行く。」とのこと。
「とくに行き先を決めているわけではないので、ご一緒してもいいですか?」
ということで、ついて行くことにした。

午前中からいきなり温泉に入るのは久しぶり。
新川旅館の洞窟風呂に入る。典型的な房総の黒湯です。
岩を掘ったようなところにあって、脱衣所まで湯気がもうもうと立ちこめていてサウナ状態。
体の芯からよく暖まるいいお湯です。

温泉でほてった体を少し冷ましてから、手打蕎麦 ゆいに向かう。ここの蕎麦屋さんは、古い民家のような佇まいです。うっかり通りすぎてしまいそうになります。
”自然薯せいろ”を食べました。十割そばですが荒いところがなくつるっと滑らかでとても美味しい。
自然薯のにゅるにゅると相まって格別の食感を堪能できます。

奥の座敷には、古いBSAが展示してあり、バイク好きにはたまりません。

P1030135_2P1030141Sp1030126Sp1030130

蕎麦を食べたあとGLのTさんとは別れて、粟又の滝へ向かう。
ちょっと紅葉の見頃は過ぎていたようだ。

Sp1030134P1030142P1030151Sp1030153

さらに房総を南下して、館山の小松寺に行ってみた。

走行距離:265km

082

ゆいのBSAは、たぶんこの1937年型のタイプ。マフラーは今風にカスタムしているようだった。

|

« 冬の房総~紅葉ドライブ | トップページ | ビンゴほろ苦ツー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/46925608

この記事へのトラックバック一覧です: 房総~旅は道連れツー:

« 冬の房総~紅葉ドライブ | トップページ | ビンゴほろ苦ツー »