« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.25

SRカタログ写真の秘密

20100224_00120100224_004

今やほとんどのカタログ写真がデジタルカメラ主流となっているが、SRのカタログ写真は、こだわりを持って銀塩カメラを使っているという。

カタログの写真をよ~く見てみると、フィルムの記号が入っているのが分かります。
なんでも担当ディレクターもSR乗りとか。

ヤマハ公式ブログより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.18

SR Only

Pim100218_1Pim100218_2Pim100218_3


SRの雑誌「SR Only vol.5」に昨年11月に開催されたSRミーティングのスナップ写真が掲載され、そのうちの一枚にボクがSRとともに紹介されてました。
雑誌に写真が掲載されるのは初めてなので、いい記念になりました。

本誌は、新型インジェクションSRの特集が組まれていて、従来のキャブ車との相違点が詳しく解説されています。
見た目は変化がないように見えるけどタンクやシートは、今までのカスタムパーツが使えないので注意が必要なようです。
全く新しいカスタムの方向性としては、ECUのセッティングという電子制御系が流行りそうです。
ボアアップと併用すれば今までにないような高性能SRが生まれてくるでしょうね。

さてボクの進むべき方向は?
でもその前に、走るたびに減っていくエンジンオイルの対策をしなくては…
エンジン始動後に白煙が出て、走行中は出ない。シリンダーヘッドからオイルが滲む。
などの状況から、オイル下がり?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.02.13

さよなら SL-C750

Sp1030447

ついに、愛用していた Zaurus SL-C750(写真左)/2003年5月発売 が故障して、電源が入らなくなった。
いろいろカスタムしていて、自分だけのオリジナル仕様に仕上げていたのに残念。
修理に出せば直るとは思うが、ノーマル状態から現状復帰する自信と根性がもう無いので、眠りについてもらうことにした。

とは言っても、プライベートのスケジュール管理や各種データベースを毎日のように使っていたので、無いとすごく困ってしまう。
実は、こうなる前に動作が不安定になっていたので、データベース類は、CSV形式でSDカードにバックアップしておいた。なので幸いにも、PCには必要最低限のデータを戻すことができて一安心。

さて、代わりの相棒として、すでに引退している MI-P1(写真右)/1999年3月発売 に白羽の矢を立てた。これは、SL-C750の前に使っていたヤツで、Zaurus純血種だ。
(OSは、C750:Linux、P1:ZaurusOSを採用)
今は、ほとんどスケジュール管理をメインで使っているので、MI-P1でも十分に使える。
いや、むしろ薄くて軽いので、こっちの方が使いやすいと言える。
白黒液晶が少々、時代を感じさせるが、なんか新鮮じゃないか。

Ws007img782Ws007img786

青葉の森公園に行ってきた。
梅の花がきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.09

極寒の伊豆ツー

Sp1030432P1030428Sp1030425Sp1030424

2010年初のおじライへの参加は、伊豆へ。
Kさん(Bandit1200S)、Rさん(GL1500)、Dさん(CB1300SB)と港北PAで待ち合わせ。
沼津IC近くのコンビニで、Nさん(セロー)と合流し、5台で伊豆ツーリング開始。

さっそく向かうのは今回の目的のひとつ、魚河岸 丸天のお昼ごはん。どれも旨そうだが、”いくら・うに・ぶつ丼”を注文。
丼にたっぷりのいくらに目が見張る。具のどれもが新鮮で美味しい。
ただし、想像した以上に量が多い。Nさんは、まぐろぶつ切丼のまぐろと死闘のすえ、やっとの思いで平らげていた。Rさんもまぐろのテールシチューに手こずっていて、みんなに分けてあげていました。
Rさんが言っていましたが、料理をいくつか注文して、それぞれ分けて食べたらいいかもしれない。
メニューもいろいろあるので、また食べにきても楽しめそう。

さて、お腹もふくれ、幸せな気分で海岸線沿いを走る。
煌めきの丘では、富士の絶景に見とれてしまう。

さて今回のコースは、ざっとこんな感じ。
~沼津~県17~土肥~R136~西伊豆スカイライン~県18~伊豆スカイライン~箱根新道~小田厚~東名~

厳冬のなか高所も走るので、真冬の装備(オーバーコート&パンツ)+ホカロン8個(足の裏、ひざ上、腰、腹、ハンドルカバー内)で、寒さはあまり感じなかった。

土肥でお泊まり組(Kさん、Dさん、Nさん)と別れて、Rさんとツーリング後半戦に突入する。
最初は、西伊豆スカや伊豆スカは路面が凍結してるので、走らないと断言していたRさん、先導していてR136の分岐で西伊豆スカ方面に走り出す。
このあとはもう止まらない。伊豆スカも亀石峠から入り、箱根新道と峠をひた走る。
山の上の道路の両側は雪だらけで路面も凍結ぎりぎり。そんな状況で、GL1500の重量バイクをけっこうなスピードでコーナーをクリアしていく。ボクは後ろからヒヤヒヤしながらついて行きました。
普段は温厚なRさん、どうやらバイクのハンドルを握ると性格が変わるようです。

ところで、ボクのETCが伊豆スカの途中で、調子が悪くなりインジケータが点滅し始めた。
あまりに冷えたので誤動作をしていると思った。その証拠に平地に降りたら、異常なしになった。
ところが、またしばらくして、今度はランプが消灯してしまった。
高速の料金所の前で、電源を入れ直しても点灯しないので、ETCカードで支払いをした。
料金所で、「ETCは取り付けています。」と言えば、その後もETC割引は有効だと教えてもらった。
そんなこんなで走り続けていたら、首都高の途中で急に電源ランプがまた点灯するようになった。
帰宅後、カードを入れて正常動作することを確認。いったい原因はなんだったんだろう。

走行距離:434km

続きを読む "極寒の伊豆ツー"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »