« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010.04.28

まぐ~10ヶ月

Sp1030555Sp1030567Sp1030615Sp1030623

まぐは、追いかけっこ、隠れんぼと戦いごっこが大好き。
家にいると、遊ぼうとせがんでくる。
あいかわらず変な格好で寝るときがある。

まぐろ (スコティッシュフォールド)♂
生後10ヶ月 4.2kg (人間なら14歳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.22

Z1000お披露目ツー

Sp1030602P1030604P1030607P1030610

今日は、SくんのZ1000お披露目ツーリング。一週間前に買ったばかりで、もう800kmも走ったとか。
自分じゃなくても、新しいバイクの乗り始めはワクワクします。
Z1000は、慣らし運転中でもすごい加速で、当たり前ですがSRは置いて行かれる。

お昼は、勝山の住吉飯店で、中華丼を食べる。
すごい大盛り。具はなんとか食べることができたが、ご飯は無理だった。これで680円は安い!

その後、館山に行って、ピーナツバターと食パンを買い、帰りに酪農のさとで、ソフトクリームを食べる。もう定番です。

走行距離:264km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.15

恐怖の砲台山 廃ランド

P1030589Sp1030571P1030572P1030574

砲台山ハイランドの情報を見てから、この謎に満ちた廃墟を自分の目で確かめたくなった。
入り口近くの道端には、ご親切にも石が積み重ねられていた。ちなみに入り口を過ぎた場所にも同様の積み石がある。つまり石と石の間にハイランドへの道がある。

この付近に一台の乗用車が駐車してあった。ここから徒歩で向かうにはあそこしかない。
ははん、私と同じような物好きな輩が先に向かっているのだな。
立入禁止の看板、鎖が道を塞いでいたがそのまま進む。
石の肌が見える山道は、そんなに荒れていない。

ほどなくして、写真で見たことのある婦人便所と鳥小屋があった。これで、道を間違っていないことを確信する。

P1030578P1030576P1030577P1030582

さらに進むと金魚のプール、旧日本軍トーチカ跡(ただし、中に入れないように塞がれていました)などがお目見え。売店らしき建物があって、なかに人影がちらっと見えた。先ほどの乗用車の人だなと分かった。
とくに気にせず、私は先に進んだ。
すると、リフトの発着所が見えてきた。リフトの椅子や電動機が無惨な姿で残っている。

小高い丘に登って東屋みたいな小屋を眺めていたら、さっきの人が何かを運んで歩いている。
そして、トーチカの入り口あたりで工具を使って明らかに何か作業をしている。
このとき初めて、たんに遊びに来た人ではなく土地関係者だと悟りました。

この静かなる世界では枝を踏みしめる足音がやけに大きく響きます。
やべっ、こっちを見てる。
私は、反射的に隠れる。明らかに私は不審者です。
お互いに怖がっているのが気配で分かる。

本当は、砲台とトーテムポールが見たかったのですが、警察に通報されても困るので、勇気ある撤退をすることにしました。

P1030598Sp1030568P1030569P1030570

お昼ごはんは、君津、いなばのしろうさぎのFORZAスペシャルという変な名前のラーメンを注文。
脂分を取り去り、カエシも入っていない味がないスープの謳い文句につられました。
こんな繊細な味のラーメンは初めてです。チャーシューや煮卵の味をスープに浮かべて麺をすする全く新しいタイプのラーメンです。基本的には美味しいのですが、いくらなんでも味が薄すぎです。
これをベースにした別のメニューはかなり期待できそうです。

走行距離:200kmくらい。

続きを読む "恐怖の砲台山 廃ランド"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.04.11

春爛漫・原点回帰

P1030536P1030541P1030548

桜の便りが届いたようなので高滝湖までプチツーリング。

途中の鶴舞自然公園で花見をしようとしたが、団体さんのカラオケの音量が大きすぎ。

一身上の都合により、SRのスタイルをノーマル風にしました。

続きを読む "春爛漫・原点回帰"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.09

オザンナ来日ライヴ!

Osa_100402_flOsa_100402sg1Osa_100402sg2

まさかのオザンナ来日
これを見逃したら、もう二度と見られないかもしれないので、行ってきました。

オザンナは、1971年にイタリアのナポリで結成されたプログレバンド。
オリジナルメンバーはかなりの年齢のはずだ。そんな心配をよそにステージ上では、熱い演奏を見せてくれた。
顔に派手なメイクをして演奏するロックバンドのライヴは初めて見る。バックの映像も凝っていて、一夜限りのライヴなのにえらい気合いが入っていて感激した。

1~3枚目の傑作アルバムからの選曲が多く、ステージの構成もすばらしく、感動的だ。持っていないアルバムからの曲もけっこう良かった。

やはりなんと言っても、リノ・ヴァイレッティのヴォーカルが最高だった。ほとんどMCなしで一気に歌い上げていた。
ふたりの豪華ゲストも光っていた。
デビッド・ジャクソンの管楽器プレイは、VDGGでも定評があるが、このステージでも老いてますます盛んで、生き生きと演奏していた。2本サックス同時吹きのパフォーマンスも面白ろいし、化粧した彼を見られるなんて貴重な体験だった。
途中から演奏に加わったジャンニ・レオーネのキャラが陽気でアクセントになっていた。退場するときに客席にばらまいていた紙はなんだったんだろう?

公演終了後に、持っていった1stアルバムのジャケットに全員のサインをもらいました!
ゲスト参加のVDGGのデビッド・ジャクソン、イルバレットディブロンゾのジャンニ・レオーネのサインも一緒に入ってます。

Osa_100402citOsa_100402tkP1030529


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »