« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.29

SR入院~中間報告

P1030998P1030995P1030987P1030986

エンジンは仕様どおり組上がりました。
サンドブラストを待っている状態です。
内面、外観ともに”おにゅー”状態になります。
あとは、まふりゃーとかのモデファイが残っています。
梅雨明けとともに本格始動になるかと思います。

越谷詣でのついでに流山でランチ。
麺屋 空は、”魚介系”と”とんこつ鶏”Wスープのお店。
岩のり塩らーめんを注文。スープと岩のりの磯の旨味がマッチして、えも言われぬ趣を醸し出してます。
魚介系ばんざい\(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.28

まぐ~祝1歳

P1040003P1040002P1030926P1030872

ハッピーバースディ トゥ マグロ!┗(^o^)┛パーン
”まぐ”もついに満一歳を迎えました。
ささやかながら、ケーキを買ってお祝い。
ケーキはボクとヨメで食べましたが…
まぐにはキャットフードに削り節をトッピングしてあげました。

まぐろ (スコティッシュフォールド)♂
生後12ヶ月 4.3kg (人間なら16歳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.26

スカイツリーに会いに行く

Sp1030934Sp1030950Sp1030938

建設中の東京スカイツリー、現在398m。押上駅を下車し、業平橋駅にかけて川沿いを歩きながら見物してきました。第一展望台を建設中でした。

Sp1030946Sp1030981Sp1030980

吾妻橋からの風景もいいです。
もうすぐ、2歳。
この先どんどん大きくなっていくんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010.06.22

梅雨はラーメンの季節。

Img1006901Img1006900

先月、近所に新しいラーメン屋が開店した。
屋台拉麺一’s 其ノ弐というお店。
看板メニューの塩らーめんを食べた。味が濃すぎないのがとても気に入った。最近のラーメンは、やけにしょっぱいのが多くうんざりしていたところ。澄み切ったスープには、しっかりダシも効いていて美味しい。青じそがアクセントになっている。これなら通ってもいいなと思った。店内は、おしゃれでカウンターのみ、グラスビールも飲める。

Img1006899Img1006896

拉麺 阿修羅 は、前に食べて気に入ったので再訪。 あじ玉胡麻ラーメンは相変わらず旨い。 なんと言ってもこの店のオリジナルで他店では味わえない世界だ。リピートしたくなる。

Img1006893Img1006892

開店したばかりのらーめん 旭郎山で味噌ラーメンを食べる。野菜がこんもり盛ってあるので食べ甲斐がある。味が濃いのは致し方ない、味噌ラーメンなのだから。でもコクがあって悪くないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.20

SRの本~良きショップ選びのために~

Sr_tsos

SRの今がよく解る一冊です。
これから新型のインジェクション仕様SRに乗ろうという人も、今後もキャブ仕様SRに乗り続ける人にとっても、自分の方向性を探るための支えになると思います。
カスタムをする場合、外装を換える程度ならバイク用品店で好きなパーツを購入し、取り付けまでやってもらっても全然問題ないです。
ところがカスタムをしていくと、吸排気系やエンジンにも手を入れたくなります。
マフラーやキャブレターなら自分で取り付け、調整もそう難しくないのですが、エンジンとなると高度な技術をもったバイクショップに頼むことになります。
幸いSRの場合、専門のショップが多くあり、自分の好みにあった仕様を選択することもできます。
住んでいる地域によってショップの選択は限られてくるのですが、この本で紹介されているショップであれば、まず間違いはないはずです。なぜなら、紙面で取り上げられている以上、それ相応の誇りと責任を持っているからです。
ただし、自分とショップとの相性の善し悪しがあります。世間一般には良いとされるショップも自分にとっては、あまり好ましくないケースを経験したことがあります。
関東に限って言えば、この本の巻頭特集を担当しているショップは”良い”ショップだろうと思います。
断定していないのは、現在作業を依頼中で、まだ完成していないからなのですが、依頼前にマシンの異常やカスタムの相談をしているときの様子でユーザーとその相方(SR)のために親身になっていることが伝わってきました。
永くSRに乗っていくためには良いショップとの出会いも大切で、転ショップ(転職をもじって)をしてみることもありかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.15

遙かなる笠石

P1030882Sp1030913P1030904P1030890

清和県民の森のハイキングコース「旅名コース」の途中にあるという奇岩・「笠石」が今回の目的地。
R410から林道旅名線の終点にCBを停める。今回は、アドレスのKくんと出かけた。
終点手前にある「寂光不動」は、大きな岩の隙間に建てられている。思ったより簡素な御堂だ。

さて、笠石を目指して山道に入る。
だんだん道が細くなり、尾根道を歩く。
道の真ん中に大岩があり、道を間違えそうになりながら歩く。

P1030905P1030891P1030895P1030901

笠石からの眺望という名の展望岩にたどり着く。なかなかの絶景だ。
周辺には変わった形の岩が多く点在している。
ただ肝心の笠石が見あたらない。
けっこう先に進んだが行く手に地面が見えない獣道が迫ってきた。

このコースは、アップダウンの繰り返しで、岩越えも多く、既に体力を消耗していた。
これ以上バイクから遠ざかると引き返すのが辛くなるので、ここで撤退することにした。

たぶん、フルーツ村を起点にすれば良かったのだが、
まあ、笠石は次回の楽しみとしてとっておくことにしよう。

走行距離:230km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

SRエンジン解体ショー

P1030871P1030857P1030859P1030856

オイル減りで点検に出していたSRのエンジンの状況を見せてもらった。
作業台の上には、分解されたボクのSRのエンジンが乗っていた。
シリンダーの偏摩耗が少しあり、シリンダー上部縦方向でピストンとのクリアランスが約13/100mmと大きい。
ピストンは少し汚れているが使えそう。
バルブには表裏ともオイルがこびりついている。摩耗も見られたので交換する。
同時にバルブガイドも交換。

P1030858P1030854P1030855P1030863

シリンダーヘッドからのオイル下がりをチェックするために赤い液を浸して一晩おく。
ひっくり返して観察するがバルブ周りは赤くなっていないので、シリンダーヘッドのクラックはなさそうだ。
カムシャフトの摩耗等は問題なし。オイルポンプのローターも異常なし。

Sp1030868P1030864P1030869P1030867

クラッチプッシュロッド先端が摩耗していたので交換することに。
クラッチ板、ミッション類は問題なし。
カムチェーン、ガイドの摩耗は大丈夫。

P1030848P1030846

前回に続いて、お昼は松戸でラーメンを食べる。
途中、ラーメン屋さんの激戦区である松戸を通過するので、これを機会に開拓してみることにした。
らぁめん美春は、味噌ラーメンで定評があるお店。
開店まもなく入店したが、平日のお昼前なのに次々とお客さんが入ってくる人気ぶり。
特製味噌を注文。味噌ダレにいろいろな素材が入っているようでコクがある。
美味しいのだが近頃、年のせいか濃い味がめっきり苦手になってきた。

続きを読む "SRエンジン解体ショー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.05

南房トラブル・パラダイス

Sp1030828P1030832P1030835

この日は、mixiの20台ほどのマスツーリングに参加。
代車のCB400SSでの初めてのツーリング。バイクが変わると新鮮な気分でウキウキする。
このバイクは、ニュートラルインジケーターが付いていない。信号待ちで停車するときに、ニュートラの位置がよく分からず、エンストしたりしながら、集合場所に向かった。

しばらく走っていたら、ブレーキペダルの感触がないことに気が付いた。
足元を見ると、ペダルの部分が無い! どこかで落としてきたようだ。
どこで落ちたか分からないが、先ほどエンストしてエンジンを掛けたときには、確か付いていた。
とりあえず、その地点まで引き返して、路面を注視しながらゆっくり同じ道をトレースした。
アスファルトに落ちている黒い小さなゴムを走りながら見つけるのは、無理だろう。

ツーリングを中止しようかどうか考えていたとき、黒い塊が視野をかすめた!
バイクを中央分離帯に寄せて停車して確認。やはり、ブレーキペダルだ。
ひとまず安心。 クルマの流れが途切れるのを待って、ペダルを拾いに行く。
道の真ん中で修理はできないし、集合時刻が迫っていたので、そのまま集合場所まで走ることにした。
ペダルが無くてもレバーの軸を踏み込めばとりあえずブレーキを掛けることができた。

そんな様子を後から来たSくんにしっかり見られていて、少し先で待っていてくれた。
訳を話し、ふたりで集合場所に向かう。
集合場所には、既に多くのメンバーが集まっていた。
そんな中、その場でペダルの取り付けを行った。また走行中に外れないか心配だ。

本日のツーリングは、約20台と大所帯だ。バイクのジャンルも種々雑多。

P1030839P1030840P1030845

この日はとても寒い日だったので、南房パラダイスでラーメンを食べる。
しかし、ラーメンがめっちゃぬるい。ぜんぜん体が暖まらない。

おまけに今回のツーリングは、マシントラブル続きだった。
もみじロードの途中で、アプリリアのモタードがチェーン切れ、リタイア。
安房グリーンラインの途中で、KSR110がエキパイ脱落。
Aくんの250SBは、最初からマフラーのステーが折れてるし…
チェーン切れ以外は、Kくんが持っていたタイラップで応急処置。

この時点で、夕方近くなっていたので、
遠方から来ているCB400SFのDくんをさそい、Kくん、Sくんの4台で、一気に高滝湖までワープする。

走行距離:331km
平均燃費:23km/ℓ(CB400SS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.04

SRちょっと入院

P1030821P1030824Z3_img884

SRのオイルがすぐに減るので、時々オイルを継ぎ足して乗っていた。しかし、もうそろそろ原因を調べて対策をしなくてはいけないと思い、SR界では定評のあるショップに点検修理を依頼することにした。
詳しいことは、エンジンを開けてみないとはっきりしないので、しばらく預かってもらう。

このお店には、いくつかの異なる性格のSRの試乗車が用意されている。
この日は、3台のSRに試乗させてもらった。
最初に乗ったのは、パンチのある高回転型SRで、ハンドリングも良く、峠を走ったら楽しそう。
次は、トルクフルで低中速の推進力がすばらしく、高速でもアクセルを開けただけ走り、ツーリングで威力を発揮するタイプ。
そして最後に、まるで250ccレーサーのようにビュンビュン回るエンジンを乗せたSRで異次元の疾走感を体験した。これは傑作だ。
どれもが強烈に個性を主張していて、元が同じバイクなんて驚きだ。

P1030819P1030818Sp1030825

松戸の中国麺飯 勇で担々麺を食べる。
ぱっと見、彩りがよい。中華料理に精通しているお店が作った担々麺は、辛さのなかにも奥深い味わいがあり、スープを飲み干した。

SRの代車として借りたバイクがホンダCB400SS。
しかし、コイツはただ者ではない。マフラーはワンオフ、クアンタム製リアサス、FCRキャブのファンネル仕様、オイルクーラー、タイヤTT900GP…、足回りもいじってるみたいだ。
しばらく相棒としてコイツと付き合うことになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »