« 連休初日、霧の西伊豆 | トップページ | 2011夏は、山陰へ »

2011.08.31

PROGRESSIVE ROCK FES 2011

20110828progrefesImg_20110828_185208P107023520110828progtic

第2回プログレッシヴ・ロック・フェスが、
昨年に引き続き、日比谷野外大音楽堂で開催されました。

プログレッシヴ・ロックの祭典~美しき旋律の饗宴 ~再びめくるめく音世界へ!!~
と題して、今年はなんとイギリス、イタリア、アメリカからそれぞれの大物プログレバンドが来日しました!

一番手は、UKのウィッシュボーン・アッシュ
実は、WISHBONE ASHの曲は、全く知らなかったのですが、ツインギターによる美しいサウンドが印象的でとても楽しく過ごすことができた。

次は、ITALYからPFM(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)
PFMは、2006年来日以来2回目のライブ観戦になります。
いやー、さすがに大御所、すばらしかったなぁ。
超技巧的なギター演奏とパワフルで複雑なリズムのドラムは圧巻。
最後のセレブレーションの大合唱は大盛り上がり。

そしてトリは、USAからカンサス
KANSASは、ボクが高校生のときに「永遠の序曲」が発表され、そのレコードをそれこそ擦り切れるくらい聴いていたバンドです。当時プログレといったらイギリスのバンドしか知らなかったボクにとって、アメリカにもこんな凄いバンドがいるんだ~。と感動したものでした。
で、カンサスのステージは、さきの「永遠の序曲」からの選曲はもとより、”すべては風の中に”といった大ヒット曲も演奏されて大満足でした。たぶん年が若いからヴァイオリンは、新メンバーだと思うけど、曲のメインのパートを牽引していて頼もしかった。

結局、全部のバンドとも良かったが個人的には、PFMのステージが一番、素晴らしかった。
また、来年の開催も期待してます。

|

« 連休初日、霧の西伊豆 | トップページ | 2011夏は、山陰へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22339/52608312

この記事へのトラックバック一覧です: PROGRESSIVE ROCK FES 2011:

« 連休初日、霧の西伊豆 | トップページ | 2011夏は、山陰へ »