« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.26

夏だ、ビーナスラインだ。

P1070280P1070281P1070287P1070289

平日休みの一日、夏が過ぎる前のビーナスラインを走ってきた。
諏訪IC~蓼科~霧ヶ峰~ビーナスライン~コスモス街道~松井田妙義ICというコース。
蓼科から霧ヶ峰にかけては、すでに高原気分満点。

P1070295P1070296P1070300P1070303

ビーナスラインは、とにかく景色がすばらしい。
爽快なワインディングと美しい山岳風景どちらも楽しめる。
走った後の美ヶ原のブルーベリーソフトクリームは美味しいよ~。

P1070313P1070316P1070319P1070325

ちょうど花の時期なので、コスモス街道をチョイス。
高速道路のPAでひときわカッコいいバイクが停まっていたので、シャッターを切った。
タンクにヴィンセントと書いてある。これがあの有名な英国のヴィンテージバイクか~。

走行距離:600km
平均燃費:29km/ℓ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SRどうしプチ舗装林道ツー

P1070274P1070275

Dさんのつぶやきを見て、うぐいすラインのコンビニに行ってみた。DさんのSRとランデブーツーリングとなった。
Dさん先導で、舗装林道を走る。ところが前方が厚い雲で覆われていて、雨粒が落ちてきた。
雲を避けて南下せずに中央部をくるっと回ってきた。舗装林道は、雨で濡れていて、膝から下が濡れてしまったが、高滝湖あたりは晴れていて、一休みしながら靴を脱いで乾かした。
Dさんと別れて、もうひとっ走りしたくなり、試しにもみじロード方面に行ってみる。
こちらは、晴れていて、さわやかに走ることができた。

走行距離:295km
平均燃費:26km/ℓ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.21

2011夏は、山陰へ

P1060917P1060968P1060974P1060972

今年の夏休みは、鳥取~島根~山口と山陰地方を巡る3泊の家族旅行。飛行機&レンタカーで行ってきました。
鳥取空港でレンタカー(ラクティス)を借り、まず鳥取砂丘へ。
さすがに日本最大の砂丘だけあって広い! まぁそれだけですが…
喉が渇いていたので、梨100%のジュースがおいしい。

浦富海岸の島めぐり遊覧船で大小の島が連なる絶景を海上から眺める。
名物のイカの天日干しを買ったが、旅行の間カバンに入れて持ち歩いていたら、なにやら臭くなってきた。宿で火で炙って食べておけば良かったなぁ。

お昼は、鳥取港の市場「かろいち」で海鮮丼を食べる。もちろん新鮮でうまい。
この日は、三朝温泉に泊まる。泉質は、世界屈指の高濃度ラドン含有量を誇るラジウム泉。お湯も食事も満足して一日目を終える。

P1070025P1070015P1070038P1070055

二日目は、朝からなんだか熱っぽくて喉が痛かった。昨夜の冷房効き過ぎのせいで、風邪を引いてしまったようだ。近くの病院に行くと熱が38.5℃あって扁桃炎だって。このまま旅行を続けなければならないので、熱を下げる注射を打ち、薬をもらった。旅の出だしで調子が狂ったが、嫁にハンドルを代わってもらい出発。

倉吉の古い町並みを散策。赤瓦五号館の喫茶「久楽」の石臼コーヒーは、自分で豆を挽ける。石臼で挽いた豆の方が美味しいかどうかは、よく分からなかったけど、お店の雰囲気は良いです。

その後、境港の水木しげる記念館へ。道端には、ゲゲゲの鬼太郎でおなじみの妖怪のブロンズ像がこれでもかと並んでいる。果たして、そんなに妖怪好きな人がいるのかと老婆心ながら思ってしまったが、自分もまんまと訪れているのだから、けっこうな町おこしになっているのだと思う。

松江城のころには、暑さと風邪でぐったり。いやー、辛かったです。
そして出雲大社へ。あの大きなしめ縄は迫力があったが、らっぱの形の部分にコインを投げて落ちてこないように刺す遊びに興じている人々がたくさんいたが、あれはどういう意味だったんだろう。

この日の宿泊地は、玉造温泉。
夕飯は、たっぷり出てきた。熱であまり食欲がなかったけど、貧乏人根性で頑張って食べる。温泉は、無色透明、硫酸塩系のいいお湯なので、風邪も治るかと思いきかせて夜と翌朝にもゆったり浸かった。

P1070066P1070076P1070091P1070129

三日目は、石見銀山へ。世界遺産だけあって、マイカー規制のため現地まではバスで行く。結構広い範囲の行動になるので、レンタサイクルを借りようとしたが、好評につき全数貸し出し完了。しかたなく徒歩で、江戸時代の坑道跡である龍源寺間歩へ向かう。途中で行き倒れそうになり、茶屋でおにぎりを食べたりして、川沿いの遊歩道や古い町並みの小道をそぞろ歩く。坑道内は、ノミで掘った跡がそのまま残っている。
今回は行けなかったけど、石見銀山最大の大久保間歩は期間限定の完全予約ですが、一見の価値がありそう。

そして、石見銀山を後にして萩・津和野方面に。
津和野の太鼓谷稲成神社の有名な千本鳥居の朱色が目に眩しい。
この日は、萩温泉が湧くホテルへ。高台の角部屋のため窓一面が海という素晴らしい眺め。

P1070107P1070109P1070214P1070163

最終日は、萩の高杉晋作の旧宅へ。折しもこの日は、172回目の誕生日だった。
秋芳洞のスケールの大きさはハンパなかった。
そして、夏みかんソフトクリームは美味しいよ!、マネキン人形「なっちゃん」が目印。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »